The Kid LAROI – HEAVEN 歌詞和訳(意味考察)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

The Kid LAROI – HEAVEN 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

The Kid LAROI – HEAVEN 歌詞和訳

[イントロ]
They told me that they miss the old me
昔の僕が恋しいと言われた

I don’t

でも僕はそうじゃない

Unholy, lowlife, and lonely

穢れて、卑しく、孤独だった
(Lowlife: 落ちぶれた – 社会的、道徳的に低い状態。)

I know

自覚してる


[Aメロ1]
‘Cause I was reckless, drinking every night
毎晩飲んで、無謀な日々を過ごしてたから
(Reckless: 無謀な – 考えなしに行動すること。)

And gettin’ high, nothin’ there behind my eyes

高揚感に浸っていたけど、目に映るのは虚無だけ
(High: 高揚 – 薬物やアルコールによって得られる一時的な幸福感。)

I was numb inside,

心は麻痺してたんだ
(Numb: 麻痺した – 感情がなく、感覚が鈍い状態。)

and I can’t believe that Ieven stayed alive ‘til you walked up in my life
君が僕の人生に現れるまで、生きていたことが信じれないよ

And now

そして、今


[サビ]
Heaven is a place I don’t wanna go
天国なんて行きたくない

‘Cause when I see your face, I don’t wanna die no more

君の顔を見ると、もう死にたくなくなるんだ

Mm, die no more

死にたくなくなる

No more, no more

死にたくなくなる

And every time I pray

祈るたびに

All I’m askin’ for is another day, I don’t wanna die no more

もう一日だけでいい もう死にたくない

Mm, die no more

もう死にたくない

No more, no more (No more, no more)
もう終わり、もう終わり
(「No more, no more」のフレーズは、変化への決意と過去の否定的な生活様式からの脱却を表しています。これは主人公が、過去の自己破壊的な行動や思考パターンから離れることを強く望んでいることを示しており、彼の生き方における大きな転換点を象徴しています。)

スポンサーリンク

[Aメロ2]
You found my walls and tore them down
君は僕の壁を見つけて壊してくれた

Never afraid of what you found

見つけたものに怯えることはなかった

You know my past, you asked around

周りのやつに聞いて僕の過去を知ったでしょ

But you can feel I’m different now

でも、君は僕が変わったと感じることができる

Won’t look back, life ain’t gotta be so sad

振り返らない、人生はそんなに悲しくなくていい

Dug me out the grave and you brought me back

僕を墓から掘り起こし、戻してくれた
(Dug: 掘る – 地面を掘る行為、比喩的には何かを深く探求すること。)

I’ll never be the same now, f※ck all that

もう以前の僕には戻れない、過去のことなんて忘れてしまえ

But now

だけど今


[サビ]
Heaven is a place I don’t wanna go
天国なんて行きたくない

‘Cause when I see your face, I don’t wanna die no more

君の顔を見ると、もう死にたくなくなるんだ

Mm, die no more

死にたくなくなる

No more, no more

死にたくなくなる

And every time I pray

祈るたびに

All I’m askin’ for is another day, I don’t wanna die no more

もう一日だけでいい もう死にたくない

Mm, die no more

もう死にたくない

No more, no more (No more, no more)
もう終わり、もう終わり
(「No more, no more」のフレーズは、変化への決意と過去の否定的な生活様式からの脱却を表しています。これは主人公が、過去の自己破壊的な行動や思考パターンから離れることを強く望んでいることを示しており、彼の生き方における大きな転換点を象徴しています。)


[アウトロ]
(You) Take me there
あそこに僕を連れて行って

Take me there

あそこに連れて行ってよ

You take me there

あそこに連れて行って

(You)
Take me there, yeah

連れて行って、そうさ

Take me there

あそこに連れて行って

スポンサーリンク

The Kid LAROI – HEAVEN 意味考察・解説

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州出身のラッパー、シンガーソングライターのThe Kid LAROI(ザ・キッド・ラロイ)の新曲、HEAVEN(ヘブン)の歌詞和訳&意味考察・解説。

The Kid LAROI(ザ・キッド・ラロイ)の新曲、HEAVEN(ヘブン)の歌詞は、自己変革と救済の物語を描いています。主人公は過去に自己破壊的な生活を送っており、自分自身と周囲の人々に対して否定的な感情を抱いていました。彼は、神聖でなく(”unholy”)、落ちぶれた(”lowlife”)、そして孤独(”lonely”)だと自覚しています。

彼の生活は、無謀(”reckless”)で、毎晩の飲酒と薬物による高揚(”high”)に支配されていました。しかし、彼の内面は麻痺(”numb”)しており、真の感情や意味は存在していませんでした。そんな彼の人生に変化が訪れます。それは、ある人物の登場によるものです。この人物によって、彼は新しい生の価値と希望を見出し、もはや自己破壊的な道を歩むことを望まなくなります(”I don’t wanna die no more”)。

彼は、過去の壁を壊し(”You found my walls and tore them down”)、新しい自分を受け入れることによって、過去の苦痛や悲しみを乗り越えます。彼は「もう昔の自分には戻らない、過去のことなんて忘れてしまえ」と決意し、この新しい関係と自己認識によって、人生における新しい章を開始します。

最終的に、この歌詞は、過去の自己からの脱却、新しい始まり、そして愛という救済を見つける旅を描いています。主人公は、過去を乗り越え、現在に希望を見出し、未来を歩んでいくことを選びます。

スポンサーリンク

The Kid LAROIの違う曲の歌詞和訳

《歌詞和訳》Forever & Again, The Kid LAROI(ザ・キッド・ラロイ)

《歌詞和訳》TOO MUCH, The Kid LAROI, Jung Kook& Central Cee(ザ・キッド・ラロイ、ジョングク)

《歌詞和訳》Love Again, The Kid LAROI(ザ・キッド・ラロイ)

《歌詞和訳》I GUESS IT’S LOVE?, The Kid LAROI(ザ・キッド・ラロイ)

《歌詞和訳》Kids Are Growing Up (Part 1), The Kid LAROI(ザ・キッド・ラロイ)

【英詩和訳】STAY, Justin Bieber & The Kid LAROI(ジャスティン・ビーバー、ザ・キッド・ラロイ)

【英詩和訳】Thousand Miles, The Kid LAROI(ザ・キッド・ラロイ)

《歌詞和訳》Paris to Tokyo, Fivio Foreign & The Kid LAROI(ザ・キッド・ラロイ,ファイヴィオ・フォーリン)

The Kid LAROI – HEAVEN サムネ画像

The Kid LAROI - HEAVEN IMAGE

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました