菅田将暉 – 谺する 歌詞(意味考察)劇場版 「君と世界が終わる日に FINAL 」主題歌

スポンサーリンク
スポンサーリンク

菅田将暉 – 谺する 歌詞

いつかは霞むその瞳に
いつまでも一度でも
見えない光には何度でも
明かりに変わりゆくまで

優しい声でただ「おかえりなさい」の一言で
よかった本当なら
祈るようなことはたった一つもなくて
いつもの通りに「ただいま」

ひだまり 空もなんだか嬉しそうなのに
もう 涙溢れないで

世界に何を願う?
もう戻らない日々の中
変わらないあなたの叫び声
愛を歌っていて

スポンサーリンク

再会 別れ 旅立つのは
何気ない日々だけど
あなたは1人ではないから
私に微笑みかけて ah

明るい声でただ「見ていてね、ほら」と
雲を掴んでる小さな手
触れられないものはたった一つもなくて
ふざけ合った「おやすみ」

静まる 夜が谺しそう永遠にまで
今 約束していいかい?

世界に何を願う?
もう聞こえない日々の中
最後が変わりはしないけど
愛を信じていて

いつかは届く この声が響くまで
生きる誓いの しるしに

消えない涙の跡
そのぎこちない笑顔なら
小さな夢の続きを今
騒がしく放て

世界が終わる その日から
光出す魂で
繋いだ命への証明さ
未来に変わりゆくまで ah

スポンサーリンク

菅田将暉 – 谺する 意味考察

菅田将暉(すだまさき)の新曲、谺する(こだまする)の歌詞&意味考察・解説。
『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』書き下ろし主題歌。

菅田将暉(すだまさき)の新曲、谺する(こだまする)の歌詞は、失われた日々や変わらない想い、そして再会や別れを経て成長する人間の姿を表現しています。歌の始まりでは、「いつかは霞むその瞳に」というフレーズで、時間の経過とともに変わる状況や人間の感情の移り変わりを描写しています。続いて、過去の想い出や大切な人への思いを表現しつつ、現実に立ち向かう強さと希望を感じさせます。

「優しい声でただ『おかえりなさい』の一言で」という部分では、日常の小さな幸せや愛情の表現が見られます。一方で、「もう戻らない日々の中」というフレーズは、過ぎ去った時間への哀愁を表しており、それにもかかわらず愛を歌い続けるという強い意志が感じられます。

「再会 別れ 旅立つのは」という部分では、人生の中での出会いと別れ、そして新たな始まりを象徴しています。これらの出来事は日常的なものであるけれども、それぞれが重要な意味を持ち、人間の成長に寄与しています。

最後に、「世界が終わる その日から」という部分では、終わりと新たな始まり、そして未来への希望を感じさせます。ここで歌われるのは、変化し続ける世界の中で、自分の信じる道を歩んでいくという強い決意です。

全体を通して、この歌詞は、過ぎ去った日々と変わらない愛、そして未来への希望というテーマを、優しさと強さを持って表現しています。それは、人生の様々な局面で感じる感情の深さと、前に進むための決意を描いているのです。

スポンサーリンク

菅田将暉 – 谺する クレジット

作詞作曲:菅田将暉・タイヘイ

菅田将暉 – 谺する サムネ画像菅田将暉

菅田将暉 画像

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました