《歌詞和訳》Lace It, Juice WRLD, Eminem & benny blanco(ジュース・ワールド, エミネム, ベニー・ブランコ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Lace It – Juice WRLD, Eminem & benny blanco 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Lace It – Juice WRLD, Eminem & benny blanco 意味考察

アメリカ、イリノイ州出身のラッパー、歌手、ソングライターのJuice WRLD(ジュース・ワールド)とアメリカ、ミズーリ州出身のラッパー、Eminem(エミネム)とアメリカ、バージニア州出身の音楽プロデューサー、DJ,benny blanco(ベニー・ブランコ)の新曲、Lace It(レース・イット)の歌詞和訳&意味考察。
“Lace It “(レース・イット)は、benny blanco(ベニー・ブランコ)のプロデュースによる低音たっぷりのサウンドにのせて、ジュースWRLDとエミネムが再共演したもので、Juice WRLD(ジュース・ワールド)の遺作となった最後のアルバム『The Party Never Ends』のリード・シングルでもある。

この曲は、薬物依存とそれに伴う精神的、社会的な苦痛について深く掘り下げています。Juice WRLD(ジュース・ワールド)は、薬物を使用して現実から逃避しようとするが、それによって現実がさらに非現実的に感じられるというジレンマを表現しています。彼は「自分のマトリックス」にいるような感覚を述べ、「パープル・レイン」という表現でコデイン(咳止め薬)の乱用を示唆しています。
 Juice WRLD(ジュース・ワールド)は、ストレスや圧力によって薬物に頼ることを認め、これが彼の現実感を歪めていることを表現しています。また、彼は他の人々が彼の成功や生活を羨むかもしれないが、彼らは彼が直面している苦痛を理解していないと指摘しています。
Eminem(エミネム)のAメロでは、薬物依存がどのように進行し、最終的に致命的になる可能性があるかについて詳細に説明しています。彼は過去の有名人(Shock G, Lil Peep, ODBなど)が薬物の過剰摂取で亡くなったことを挙げ、薬物使用の危険性について警告しています。また、彼は自身の経験を通じて、薬物依存がどのようにして人生を破壊するかを語り、若い世代に対し注意を促しています。
 全体を通して、この曲は薬物使用と依存の暗い現実を描き、それが個人や社会に与える深刻な影響を浮き彫りにしています。

スポンサーリンク

Lace It – Juice WRLD, Eminem & benny blanco 歌詞和訳

[イントロ: Juice WRLD]
Yeah, ayy, mm


[サビ: Juice WRLD]
Roll it up, lace it, pop a few to chase it
さらに何か混ぜて巻こうぜ、更なる高揚感を求めて何か飲もうぜ
(Roll it up: 通常はタバコや大麻などを巻く行為を指します。Lace it: 何かを「レースする(lace)」とは、薬物に別の薬物や物質を混ぜることを意味します。)

I’m in my own Matrix, none of this shit makes sense

自分だけの夢世界にいるみたい、何もかもが現実離れしてる
(Matrix – マトリックス。現実とは異なる、仮想的または作られた現実を指す。)

All these humans basic, don’t got no home trainin’

周りの人間は皆平凡、教育もなってない

Codeine by the cases, I’ve been purple rainin’

コデイン(咳止め薬)を大量に使って、パープル・レインを降らせているんだ
(I’ve been purple rainin: 「パープル・レイン」とは、コデインを含む咳止めシロップ(しばしば紫色をしている)を指す隠語です。これを飲むことで得られる高揚感や脱現実感を指しており、「パープル・レインを降らせている(purple rainin’)」とは、この種の薬物を頻繁に使用している状態を表現しています。)

Roll it up, lace it, pop a few, chase it

さらに何か混ぜて巻こうぜ、更なる高揚感を求めて何か飲もうぜ

I’ve been in the Matrix, none of this shit makes sense

自分だけの夢世界にいるみたい、何もかもが現実離れしてる

All you humans basic, you ain’t even got home trainin’

周りの人間は皆平凡、教育もなってない

Codeine by the cases, I’ve been purple rainin’

コデイン(咳止め薬)を大量に使って、パープル・レインを降らせているんだ


[Aメロ1: Juice WRLD]
Stressed out, so I tend to take meds (Take meds)
ストレスが溜まって、つい薬を飲んでしまう

Thе Devil told me, “Good show, break a leg” (Break a leg)

悪魔が俺に言うんだ、”いいショーだ、幸運を祈る “って
(break a leg 幸運を祈る、頑張れ!)

All these painkillers like I got a pair of broken legs (Broken legs)

これだけ痛み止めを飲んでると、両足が折れてるみたいだ
(前のラインのbreak a leg 幸運を祈るに文字通りの解釈である”足が折れる”の言葉遊び)

All these Percs I pop, you’d thought I was plannin’ to break my neck

これだけパーコセットを飲んでると、首を折るつもりかと思うよ
(Percs (Percocet) – パーコセット。鎮痛剤の一種)

Grindin’ man, I’m hungry for this shit like I ain’t ate yet

やり続けるんだ、まだ何も手にしていないみたいにあの高揚感に飢えてる

You wish that you could have what I could have, you could just say that

お前は自分にもできると思ってるんだろ、そうならそう言えばいい

If you ain’t my lil’ bitch, then, bitch, them calls, you can save that

俺と特別な関係じゃなければ、変に関わってくるんじゃねぇ

These ni※gas think they invincible ‘

こいつらは自分が無敵だと思ってる、

til they see them bullet holes in they Maybach
マイバッハに弾痕が見えるまでは
(一部の人々が自分たちを無敵だと考えているが、彼らの高級車(マイバッハ)に弾痕が現れると、現実に直面することを指摘しています。ここでの「無敵だと思っている」は、過信や現実からの逃避を意味し、マイバッハに現れる「弾痕」は、彼らの安全や無敵だという認識が現実とは異なることを示唆しています。)


[サビ: Juice WRLD & Eminem]
Roll it up, lace it, pop a few to chase it
巻いて、さらに何か混ぜて、更なる高揚感を求めて何か飲もうぜ
(Roll it up: 通常はタバコや大麻などを巻く行為を指します。Lace it: 何かを「レースする(lace)」とは、薬物に別の薬物や物質を混ぜることを意味します。)

I’m in my own Matrix, none of this shit makes sense

自分だけの夢世界にいるみたい、何もかもが現実離れしてる

All these humans basic, don’t got no home trainin’

周りの人間は皆平凡、教育もなってない

Codeine by the cases, I’ve been purple rainin’

コデイン(咳止め薬)を大量に使って、自分を紫色の雨にさらすんだ
(I’ve been purple rainin: 「パープル・レイン」とは、コデインを含む咳止めシロップ(しばしば紫色をしている)を指す隠語です。これを飲むことで得られる高揚感や脱現実感を指しており、「パープル・レインを降らせている(purple rainin’)」とは、この種の薬物を頻繁に使用している状態を表現しています。)

Roll it up, lace it, pop a few, chase it

巻いて、さらに何か混ぜて、更なる高揚感を求めて何か飲もうぜ

I’ve been in the Matrix, none of this shit makes sense

自分だけの夢世界にいるみたい、何もかもが現実離れしてる

All you humans basic, you ain’t even got home trainin’

周りの人間は皆平凡、教育もなってない

Codeine by the cases, I’ve been purple rainin’

コデイン(咳止め薬)を大量に使って、自分を紫色の雨にさらすんだ

スポンサーリンク

[Aメロ2: Eminem]
You pop some ecstasy first, it gets progressively worse
まずエクスタシーを飲めば、状況はだんだん悪化していく

Try your best to reverse unsuccessfully flirtin’ with

certain death and revertin’ to your promethazine urge
死との危険な駆け引きを試みるもうまくいかず、プロメタジンへの渇望へ舞い戻る
(Promethazine – プロメタジン。咳止めシロップなどに含まれる成分。)

The fuckin’ devil he lurks, lose your best friend he smirks

悪魔が潜み、親友を失い、彼は微笑む

Wake up and everything hurts and

目覚めたら全身が痛む、

as you spiral downward listen
そして落ちていく悪循環スパイラルの中で聞いてくれ

I know just how it is when

どんな気持ちかわかるよ

You start slow then before you notice it now you’re mixin’

最初は軽く始めて、気づいた時にはもう色々なものを混ぜてる

Oxy’s without prescription

処方箋なしのオキシコドン

Cough medicine, valium with ‘em but ain’t that how addiction

咳止めシロップやバリウムと一緒に、でも中毒ってそんなもんだろ

Sort of works they call it lean ‘cause you gravitate and lean towards the perp
その効果があるからリーンと呼ばれるんだ、薬物の引力に体を傾けてしまうからね
(Eminemが薬物依存の進行とその効果について述べている部分です。彼は、特に「リーン」と呼ばれる、コデインを含む咳止めシロップとソーダなどを混ぜたドリンクの使用を指しています。このドリンクの使用者が、薬物の効果により文字通り体を傾ける(lean)傾向があることから、この名前がついています。)

The blessing or the curse of fame ‘cause now you can afford the syrup

名声の恩恵か呪いか だって今はシロップを買う余裕ができたからだ

Percocet and Percoden but that ain’t what

you meant when you said that you’re in it for the perk’s
パーコセットやパーコダンだけど、、でもそれはお前が求めていた”特典”じゃなかったはずだ

Develop a habit out of that

そんなささいなことから習慣が生まれる

Need a Xanax now to rap

ラップするために今はザナックスが必要
(Xanax(ザナックス) は、一般名でアルプラゾラム(Alprazolam)と呼ばれる薬剤です。これはベンゾジアゼピン系の薬物で、主に不安障害やパニック障害の治療に使われます。ザナックスは、神経系に作用して不安や緊張を和らげる効果がありますが、依存性が高いことで知られています。)

So you pop it before you record a verse

だからレコーディングする前にそれを飲む

Your buzz wear down
やがて薬の効き目も薄れてきて
(薬物の効果が消耗し、元の高揚感や興奮が減少する状態を指しています。「buzz」とはここで薬物の一時的な高揚感や興奮を意味し、「wear down」とはその効果が徐々に弱まり、消失することを表しています。)

Like a rabbit out a hat
魔術師の帽子から出たウサギのように
(「Like a rabbit out a hat」という表現は、魔術師が帽子からウサギを出すという古典的なマジックのトリックに由来しています。ここでは、薬物の使用が引き起こす突然かつ予期せぬ変化や結果を暗喩しています。薬物による変化が、まるでマジックのように予期せぬ形で現れることを示しています。)

Makes you wanna pull your hair out
髪を全部むしり抜きたくなるような
(フレーズは、Eminemが薬物依存の苦悩とストレスについて語っている文脈で使われています。この表現は、薬物使用によって引き起こされる精神的な苦痛やイライラを表しており、そのような状況がどれほど圧倒的であるかを強調しています。)

Fentanyl, Oxy

フェンタニル、オキシ

Demerol, dem are all what possibly got Shock G, Roxy

ペチジンはショックGやロキシーを葬った
(Demerol ペチジン 別名メペリジン 痛みを治療するのに使用される合成麻薬)

Codone and lean is probably what got Lil Peep and ODB

コデインとリーンがLil PeepやODBを葬った
(Codone コデインまたはメチルモルヒネは鎮痛、鎮咳、および下痢止めの作用のある薬)

So many who OD be way to young to go see me

あまりにも若い多くの人がOD(オーバードーズ:過剰摂取)で、早すぎる死を迎えてる

I was lucky my escape was narrow and do
幸運にも俺は狭い隙間から逃げられたけど、
(エミネム自身もShock G,Roxy,Lil Peep,ODBなどを死に追いやった薬物を使用していたが、なんとか生きられたことを歌っている)

Not think I take it for granted that I’m still here

俺がまだここにいることを当たり前だと思ってない、

synthetic heroin you
tried to kill me then you murdered Jarad didn’t you
合成ヘロインよ、お前は俺を殺そうとして、ジャラッドを殺したな
(Juice WRLD(ジュース・ワールド)の本名:Jarad Anthony Higgins)

Piece of shit thanks to you now we lost Gangsta Boo and Pimp C, Prince and Michael mixing Nyquil

お前のせいで ギャングスタ・ブーもピンプCも プリンスもマイケルも失った

With prescription Vic‘s addiction’s like a fucking vicious cycle

処方のビクターと一緒にナイトキルを混ぜる、中毒はまるで悪循環
(Vic (Vicodin) – ビコジン。鎮痛剤の一種。)

Juice we will forever miss you

ジュースよ、俺たちは永遠に君を忘れないよ

To the younger generation I ain’t lecturing you but man just be careful when you

若い世代へ、説教するつもりはないけど、気をつけてくれよ


[サビ: Juice WRLD]
Roll it up, lace it, pop a few to chase it
さらに何か混ぜて巻こうぜ、更なる高揚感を求めて何か飲もうぜ
(Roll it up: 通常はタバコや大麻などを巻く行為を指します。Lace it: 何かを「レースする(lace)」とは、薬物に別の薬物や物質を混ぜることを意味します。)

I’m in my own Matrix, none of this shit makes sense

自分だけの夢世界にいるみたい、何もかもが現実離れしてる

All these humans basic, don’t got no home trainin’

周りの人間は皆平凡、教育もなってない

Codeine by the cases, I’ve been purple rainin’

コデイン(咳止め薬)を大量に使って、パープル・レインを降らせているんだ
(I’ve been purple rainin: 「パープル・レイン」とは、コデインを含む咳止めシロップ(しばしば紫色をしている)を指す隠語です。これを飲むことで得られる高揚感や脱現実感を指しており、「パープル・レインを降らせている(purple rainin’)」とは、この種の薬物を頻繁に使用している状態を表現しています。)

Roll it up, lace it, pop a few, chase it

さらに何か混ぜて巻こうぜ、更なる高揚感を求めて何か飲もうぜ

I’ve been in the Matrix, none of this shit makes sense

自分だけの夢世界にいるみたい、何もかもが現実離れしてる

All you humans basic, you ain’t even got home trainin’

周りの人間は皆平凡、教育もなってない

Codeine by the cases, I’ve been purple rainin’

コデイン(咳止め薬)を大量に使って、パープル・レインを降らせているんだ


[アウトロ: Juice WRLD]
I ain’t comin’ down from this high
この高み(高揚感)からは降りられない

Ain’t finna let nobody kill my vibe

誰にも俺の気分を壊させない

They committed social suicide

彼らは社会的に自滅した
(Social suicide – 社会的自殺。自らの行動で社会的な立場や評判を損なうこと。)

But me? I refuse to die (I refuse to die)

でも俺?死ぬつもりはない(死ぬつもりはない)

I will never come down from this high

この高み(高揚感)からは絶対に降りない

I won’t let them kill none of my vibes

誰にも俺の気分を壊させない

They committed social suicide

彼らは社会的に自滅した

Me? I can never ever die, I can never ever die

俺?絶対に死ぬことはない、絶対に死ぬことはない

Juice WRLDの違う曲の歌詞和訳

《歌詞和訳》The Light, Juice WRLD(ジュース・ワールド)

《歌詞和訳》In My Head, Juice WRLD(ジュース・ワールド)

《歌詞和訳》Bye Bye, Marshmello & Juice WRLD(マシュメロ、ジュース・ワールド)

【英詩和訳】Sometimes, Juice WRLD(ジュース・ワールド、サムタイムズ)

【英詩和訳】Cigarettes, Juice WRLD(ジュースワールド、シガレッツ)

【英詩和訳】Wandered To LA, Justin Bieber & Juice WRLD(ジャスティンビーバー、ジュースワールド)

Eminemの違う曲の歌詞和訳

《歌詞和訳》Mockingbird, Eminem(エミネム)

《歌詞和訳》Is This Love(’09) ft. 50 Cent , Eminem(エミネム)

《歌詞和訳》Lose Yourself, Eminem(エミネム)

benny blancoの違う曲の歌詞和訳

《歌詞和訳》Bad Decisions, BTS, benny blanco & Snoop Dogg(防弾少年団, ベニー・ブランコ, スヌープ・ドッグ)

Lace It – Juice WRLD, Eminem & benny blanco サムネ画像

Juice-WRLD-Eminem-Benny-Blanco

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました