宇多田ヒカル – 何色でもない花 歌詞(意味考察)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多田ヒカル – 何色でもない花 MV


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

宇多田ヒカル – 何色でもない花 歌詞

君がくれたのは

何色でもない花


ああ そんなに遠くない未来


僕らはもうここにいないけど


ずっと


I’m in love with you

In it with you


In it with you


In love with you


In it with you


In it with you

スポンサーリンク

朝日が昇るのは

誰かと約束したから


ああ 名高い学者によると


僕らは幻らしいけど


今日も


I’m in love with you

In it with you


In it with you


In love with you


In it with you


In it with you

スポンサーリンク

だけど

自分を信じられなきゃ

何も信じられない

存在しないに同義

確かめようのない真実しか

真実とは呼ばない




私たちの心の中身は誰にも奪えない

そんなに守らないで平気

だけど

自分を信じられなきゃ

何にも信じられない


I’m in love with you

In it with you


In it with you


In love with you


In it with you


In it with you

スポンサーリンク

宇多田ヒカル – 何色でもない花 意味考察

宇多田ヒカルの新曲、何色でもない花の歌詞&意味考察・解説。
主演を永野芽郁が務め、共演に山田裕貴を迎えたフジテレビ系月9ドラマ『君が心をくれたから』の主題歌

宇多田ヒカルの新曲、何色でもない花の歌詞は、愛と存在の不確かさ、そして自己信頼の重要性を探求しています。初めの部分では、色を持たない花を贈られることから始まり、現実のものとは思えないような、非現実的または一時的な関係や状況を暗示しています。「何色でもない花」というフレーズは、愛や関係の特定できない、あるいは定義できない性質を象徴しているかもしれません。また、「そんなに遠くない未来にはもうここにいない」という行は、すべてのものが一過性であり、永遠には続かないことを示唆しています。

繰り返される「I’m in love with you, In it with you」は、変わりゆく状況や不確かな未来にもかかわらず、相手との強い絆や愛情を表現しています。愛に対するこの深い確信は、不確かな環境の中での一貫したテーマです。

中間部では、自己信頼の重要性が強調されます。「自分を信じられなきゃ何も信じられない」というフレーズは、内面的確信のない限り、外界のどんな事実や現実も真実として受け入れることができないという考えを示しています。これは、自己の価値や存在を疑うことなく受け入れることの大切さを強調しています。

歌詞の終わりに向かって、繰り返しの愛の宣言は、不確実性や疑問に満ちた世界の中で、愛と自己信頼がいかに重要であるかを再確認しています。結局のところ、この歌詞は、愛、存在、そして自己認識の複雑な絡み合いを探求しながら、個人が直面する不確実性の中での確信を見出すことの重要性を強調しています。

スポンサーリンク

宇多田ヒカル – 何色でもない花 クレジット

作詞作曲:宇多田ヒカル

宇多田ヒカル – 何色でもない花 サムネ画像

Utada Hikaru image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました