coldrain – VENGEANCE 歌詞和訳(意味考察)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

coldrain – VENGEANCE MV


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

coldrain – VENGEANCE 歌詞和訳

rain rain come wash away the pain
雨よ、降り注いでこの苦しみを消し去ってくれ

with demons in my head

頭の中の闇と戦いながら

vengeance is the only way

復讐しか、この痛みから抜け出す道は見えない
(Vengeance(ヴェンジャンス): 復讐、報復。誰かに対して受けた害を同等またはそれ以上に返すこと。)



we had love before the end

終わりの前には愛があり、

we had trust, belief and friendship

信頼と信念、友情があった
(Belief(ビリーフ): 信念。ある事が真実であるという確信。)

maybe something more

もしかすると、それ以上の何かがあったかもしれないし、

maybe something less

それ以下かもしれない

this is how I make amends

これが俺が償う方法
(Amends(アメンズ): 償い。過ちや誤りを正すための行動。)

for the light I turn to darkness shedding blood until it’s done

(Shedding blood(シェディング ブラッド): 血を流す。犠牲や苦痛を伴う行為。)


rain rain come wash away this god damn pain pain
雨よ、降り注げ、この耐えがたい呪われた苦痛をを洗い流してくれ

now vengeance is the only way

今、復讐しか道は残されていない

スポンサーリンク



I’ll make you beg

make you pray
お前が土下座して祈るようになるまで

until your heart stops
until your heart stops

心臓が止まるその瞬間まで

you’ll be wishing you were dead
お前は自分が死んでいたほうがマシだと願うだろう

because an eye or a tooth
won’t be all that you lose

目や歯の損失だけでは済まない

I’ll make you pay for what you did

お前がしたことの代価を払わせてやる



here I stand a broken man

ここに立つ、衰弱した男

just a ghost stuck in the past

過去に取り残された幽霊のよう

maybe something more

もしかしたらもっと大きな何か、

maybe something less

あるいはもっと小さな何か

in my soul I know I can

魂の奥底ではわかっている、

try to find a way to heal

治る道が見つかるかもしれないと

but this pain it tells me

だけどこの痛みが俺に教えてくれる

where to go and what to do

どこへ行き、何をすべきかを


I’ll make you beg

make you pray
お前が土下座して祈るようになるまで

until your heart stops
until your heart stops

心臓が止まるその瞬間まで

you’ll be wishing you were dead
お前は自分が死んでいたほうがマシだと願うだろう

because an eye or a tooth
won’t be all that you lose

目や歯の損失だけでは済まない

I’ll make you pay for what you did

お前がしたことの代価を払わせてやる

スポンサーリンク

there’s no other way
他に道はない

to end this pain and sorrow

この痛みと悲しみを終わらせるには
(Sorrow(ソロー): 悲しみ、哀れみ。失失や不幸に対する感情。)

take me to that place

あの場所へ連れてって

take me to tomorrow

明日へと

how could I ever forgive

どうやって許せばいいの?

when I cannot forget

忘れることもできないのに

take me to that place

あの場所へ連れてって

take me to tomorrow
take me to tomorrow

明日へと



I’ll make you beg

make you pray
お前が土下座して祈るようになるまで

until your heart stops
until your heart stops

心臓が止まるその瞬間まで

you’ll be wishing you were dead
お前は自分が死んでいたほうがマシだと願うだろう

because an eye or a tooth
won’t be all that you lose

目や歯の損失だけでは済まない

I’ll make you pay for what you did

お前がしたことの代価を払わせてやる



there’s no other way

他に道はない

to end this pain and sorrow

この痛みと悲しみを終わらせるには

take me to that place

あの場所へ連れてって

take me to tomorrow

明日へと

スポンサーリンク

coldrain – VENGEANCE 意味考察・解説

日本の名古屋出身のラウドロックバンド、coldrain(コールドレイン)の楽曲、 VENGEANCE(ヴェンジェンス)の歌詞和訳&意味考察・解説。

coldrain(コールドレイン)の楽曲、 VENGEANCE(ヴェンジェンス)の歌詞は、深い痛みと裏切りを経験した人物が直面している内面的な闘いと復讐への欲求を探求しています。最初に、雨を求めることで苦痛を洗い流したいという願望が示され、内面に抱える「悪魔」や過去の傷に対処しようとする試みが描かれています。復讐が唯一の解決策として見られていることが繰り返し強調され、そのプロセスで相手に極度の苦痛を与えることで自らの痛みに対する償いを求めています。

歌詞を通じて、過去の愛、信頼、友情が振り返られるものの、それらがどのように失われたか、そしてその失失によって引き起こされる深い悲しみと苦悩が表現されています。自己のアイデンティティと過去の関係における変化に直面し、痛みと悲しみからの逃避ではなく、それに直面し、何らかの形で対処しようとしています。

しかし、この歌詞はまた、苦痛と復讐に対する深い思索をもたらし、復讐が本当に心の平和をもたらすか、または単に無限の苦痛のサイクルを生み出すだけかという疑問を提起します。主人公は「明日へ」という希望を求めていますが、それは物理的な場所ではなく、心の平和や赦しを見つけるための比喩的な旅です。復讐を超えて、傷を癒やし、過去を超えて前進する方法を模索しています。

結論

この歌詞は痛み、悲しみ、復讐、そして最終的には赦しという人間の感情の複雑さを探求しています。それは、苦痛に対処し、それを乗り越えることの難しさ、そして最終的には平和や解決への道を見つけるための人間の努力を象徴しています。

スポンサーリンク

coldrain – VENGEANCE クレジット

作詞:Masato
作曲:Y.K.C

coldrainの違う曲の歌詞和訳

《歌詞和訳》NEW DAWN, coldrain(コールドレイン)

《歌詞和訳》Before I Go, coldrain(コールドレイン)

《歌詞和訳》Cut Me, coldrain(コールドレイン,カット・ミー)

【英詩和訳】PARADISE(Kill The Silence), coldrain(コールドレイン)

【英詩和訳】RIP, coldrain(コールドレイン)

coldrain – VENGEANCE サムネ画像

coldrain image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました