キタニタツヤ – ずうっといっしょ! 歌詞(意味考察)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キタニタツヤ – ずうっといっしょ! MV


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

キタニタツヤ – ずうっといっしょ! 歌詞

充電器を貸して!

またあなたのせいで


あたしすり減った


終電見逃して


またあたしのせいで帰れなくなった


繋がっていようね、


消耗戦に持ち込んで


お互いに足を引っ張ったアオハル


沈殿した思い出で


ずうっといっしょ!


参観日にだって

誰からも見られていない


気がしたんだ


散々シニカって


昼の街に期待しないようにしたんだ


そうやって守った孤独さえ


めちゃくちゃになった


あたしいつだって


死にたくて仕方ない


こんな顔


だいじにしたいと思えないもん

スポンサーリンク

共に過ごした日々が

ささやかな幸せが


かけがえのないトラウマに


なってたらいいな


はなればなれなんて


誰かが吐かせたバグだよね?


あなたの一生の後悔として

添い遂げるよ


Q. 大切なものって、なあに?


A. 今失くしたそれ


あたしと間違いを犯しちゃったんだ


取り返しがつかないね


健やかなるときも病める時も


グロい履歴の中で


ずうっといっしょ!

スポンサーリンク

もうちょっとふつうに

悲しいこと悲しいと思いたかった


長調のチューンに感情委託して


楽になりたかった


「せいぜい一生懸命に


生きてくださいね」


あたしいつだって


死にたくて仕方ない


あんな歌の言いなりに


なっていたくないの


あなただけひとりで

あたしの目を盗んで


幸せになろうなんて思わないで


髪を乾かしてくれた夜から


あたしは壊されたんによ


あなたの一生の後悔として

添い遂げるよ


外れなくなってしまった


指輪みたいに


何度もずっと


フラッシュバックしている、


最低だよ


一緒に居た時の方が


あたし可愛かったなあ


あなたの一生の後悔として

添い遂げるよ


Q. 大切なものって、なあに?


A. 今失くしたそれ


あたしと間違いを犯しちゃったんだ


取り返しがつかないね


健やかなるときも病める時も


他の誰かと眠っていても


お揃いの悪夢でずうっといっしょ!

スポンサーリンク

キタニタツヤ – ずうっといっしょ! 意味考察・解説

キタニタツヤの新曲、ずうっといっしょ!の歌詞&意味考察・解説。

歌詞の最初では、主人公が充電器を貸して欲しいと頼む場面から始まりますが、これは比喩的にエネルギーや活力を他人から求める依存的な関係を象徴しています。「またあなたのせいで あたしすり減った」「終電見逃して またあたしのせいで帰れなくなった」という部分は、相手に対する過度な依存と、その結果として自己が消耗している様子を示しています。

「繋がっていようね、消耗戦に持ち込んで お互いに足を引っ張ったアオハル」という表現は、若い頃の恋愛関係が互いに消耗し合う戦いのようなものであったことを振り返っています。「沈殿した思い出で ずうっといっしょ!」というフレーズは、過去の思い出が心に沈殿し、永遠に一緒にいるような感覚を表しています。

参観日や散々シニカった昼の街といったシーンは、主人公の孤独感や他者からの無関心を描いています。「守った孤独さえ めちゃくちゃになった」「あたしいつだって 死にたくて仕方ない」という部分は、主人公が孤独を大事にしていたにも関わらず、その孤独が崩れた時の絶望感を示しています。

共に過ごした日々がトラウマとなり、別れることが誰かの策略のように感じる部分は、過去の幸せな時間が現在の苦痛の源になっていることを示しています。「あなたの一生の後悔として 添い遂げるよ」という繰り返されるフレーズは、相手に対する強い執着と、過去の関係が今も続いていることを強調しています。

全体を通して、この歌詞は依存と孤独、幸福と絶望の間で揺れ動く感情を描き、複雑な恋愛関係の中での自己破壊的な側面を浮き彫りにしています。主人公の深い絶望感とそれでも続けようとする執着心が強く感じられる内容です。

スポンサーリンク

キタニタツヤ違う曲の歌詞&意味考察

キタニタツヤ – 私が明日死ぬなら 歌詞(意味考察・解説)

キタニタツヤ – Moonthief 歌詞(ふりがな&意味解説)

《歌詞》憧れのままに, yama × キタニタツヤ(ふりがな付き)

キタニタツヤ – ずうっといっしょ! サムネ画像

キタニタツヤ image

コメント

error: 申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました