Chuuou Freeway 歌詞 YOASOBI(Yumi Matsutoya(松任谷由実)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Chuuou Freeway – YOASOBI 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Chuuou Freeway – YOASOBI 意味考察・解説

11/29リリースされる「ユーミン乾杯!!~松任谷由実50周年コラボベストアルバム~」の収録曲「中央フリーウェイ/YOASOBI cheers 松任谷由実」の歌詞&意味考察・解説。
原曲のYumi Matsutoya(松任谷由実)の「中央フリーウェイ」は、1976年発売の荒井由実4作目のアルバム「14番目の月」の収録曲で、今回、YOASOBIとの共作プロジェクトではブリッジに新たに加えられた歌詞と共に、キャッチーなコーラスも追加され、ピカピカの2023年ヴァージョンとして生まれ変わっている。

「中央フリーウェイ」の歌詞は、愛と変化を描いた情緒的な物語を展開しています。調布基地を通り過ぎ、山に向かう中央フリーウェイをドライブする情景が描かれています。この道路は、過去の思い出と現在の感情が交差する象徴的な場所として描かれています。
歌詞の中で、ドライブ中の黄昏時の美しさや、周囲の風景(競馬場やビール工場)が描写され、それらが夜空に続く滑走路のように感じられる様子が表現されています。これは、彼らの人生の旅路と変化を暗示しています。
 また、恋人たちの関係の変化も描かれています。初めて会ったころは頻繁にドライブを楽しんでいた二人ですが、時間が経つにつれて関係が冷めてきていることが示唆されています。風が強く、「愛してる」と言っても聞こえないという表現は、彼らのコミュニケーションの断絶を象徴しています。
 また今回、新たに追加されたブリッジ部分の歌詞の部分は、二人が現実の難しさから一時的にでも逃れたいという強い願望と、その逃避が一時的なものであるという現実との間で揺れ動く心情を表しています。

この歌は、愛の変遷、時の流れ、そして人生の不確かさを描いており、ドライブという行為を通じて、人生の旅路と恋愛関係の複雑さを表現しています。

スポンサーリンク

Chuuou Freeway – YOASOBI 歌詞

中央フリーウェイ
調布基地ちょうふきちを追い越し 山にむかって行けば
黄昏たそがれがフロント・グラスを染めて広がる
中央フリーウェイ
片手で持つハンドル 片手で肩を抱いて
愛してるって 言ってもきこえない
風が強くて


町の灯が やがてまたたきだす
二人して 流星になったみたい
中央フリーウェイ
右に見える
競馬場けいばじょう 左はビール工場
この道は まるで
滑走路かっそうろ
夜空に続く

スポンサーリンク

難しいことばかりで 
うまくいかずに
こぼれたため息
二人抜け出すように加速して 
このまま このまま



中央フリーウェイ
初めて会った頃は 毎日ドライブしたのに
このごろは ちょっと冷たいね
送りもせずに


町の灯が やがてまただきだす
二人して 流星になったみたい
中央フリーウェイ
右に見える競馬場 左はビール工場
この道は まるで滑走路
夜空に続く


夜空に続く 夜空に続く

YOASOBI(ヨアソビ) の違う曲の歌詞

HEART BEAT 歌詞 YOASOBI(意味考察・解説)

《歌詞》Biri-Biri:ビリビリ, YOASOBI(「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」のインスパイアソング)

《歌詞》勇者, YOASOBI(ふりがな付き)

Chuuou Freeway – YOASOBI サムネ画像

YOASOBI Yumi Matsutoya

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました