あいみょん – リズム64 歌詞(意味考察)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あいみょん – リズム64 歌詞

だけど今触ってみる
胸のリズムが大丈夫
だって跳ねているから


普通の顔した女神のお出まし
暑さで失った 頭の中で
あなたが落とした物は どちらか
酷く錆びきった 心差し出す


選んできた今までも迷いながら
そうやって1つ犠牲を作らなきゃ

スポンサーリンク

だけど今触ってみる
胸のリズムが大丈夫
だって跳ねているから


「落ち込まないで」と言われて落ち込む
そんな顔してる つもりはないのに
あんたは誰なの 何がわかるのか
いんちきなんだよ


最後は自分を信じてる
飲み込んでく ぬるい空気も
そうやっていつも綺麗にしてきたよ


だけどほら 滲んでくる胸の底から
大丈夫じゃない色した彗星が


詰まるほどの蛇口捻って
出せるもの出して生きること
それは幸せなんだろうか

スポンサーリンク

選んできた今までも迷いながら
そうやって1つ犠牲を作らなきゃ


だけど今触ってみる
胸のリズムが大丈夫
だって跳ねているから

スポンサーリンク

あいみょん – リズム64 意味考察・解説

日本、兵庫県西宮市出身のシンガーソングライター、あいみょんの新曲、リズム64の歌詞。
資生堂ビューティーウエルネス・オフィシャルソング

あいみょんの新曲、リズム64の歌詞は、内面の葛藤、自己探求、そして感情の不安定さというテーマを探っています。歌詞の全体を通じて、登場するのは、日常の中での自己疑問、周囲の期待との格闘、そして本来の自分を見失う恐怖です。自己受容と他者との関係性についての深い掘り下げが行われています。

主なテーマ:
  • 自己確認と不安:「だけど今触ってみる 胸のリズムが大丈夫 だって跳ねているから」という歌詞は、自分自身の存在を確かめようとする不安感を表現しています。心臓の鼓動を感じることで、自分がまだ生きていることを実感しています。
  • 外部からの圧力:「普通の顔した女神のお出まし」や「落ち込まないでと言われて落ち込む」の部分は、他人の期待や言葉によって感じるプレッシャーを表しています。自分がどうあるべきか、他人の意見に振り回される心理状態を描いています。
  • 自己犠牲と選択:「選んできた今までも迷いながら そうやって1つ犠牲を作らなきゃ」というフレーズは、人生の選択において何かを犠牲にしなければならない現実を表しています。これは、どんな選択をしても何かを失うことを意味しています。
  • 精神的な葛藤:「詰まるほどの蛇口捻って 出せるもの出して生きること それは幸せなんだろうか」という歌詞は、自分自身を見失いながらも生きることの意味を問いかけています。この部分は、自己実現と自己表現の難しさを示しています。
結論:

この歌詞は、自己確認、外部からの圧力、自己犠牲、そして精神的な葛藤を通して、現代人の心理状態を深く描いています。自分自身を理解し、他人との関係を築く過程での困難や苦悩を表現しており、リスナーに自己探求の重要性を思い起こさせます。

あいみょんの違う曲の歌詞

《歌詞》あのね, あいみょん

《歌詞》ノット・オーケー, あいみょん

あいみょん – リズム64 クレジット

作詞作曲:あいみょん

あいみょん – リズム64 サムネ画像

あいみょん 画像

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました