《歌詞》2 Μ Ο Я Ο, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 Μ Ο Я Ο, King Gnu:キング・ヌー 意味考察&解説

11月29日発売のKing Gnu(キング・ヌー)のNew アルバム「The Greatest Unknown」(ザ・グレイテスト・アンノウン)収録曲、「2 Μ Ο Я Ο」(トゥモロー)の歌詞&意味考察&解説。
New アルバム「The Greatest Unknown」から、他の収録曲の「SPECIALZ」「阿修羅」「IKAROS」「2 Μ Ο Я Ο」「W●RKAHOLIC」「DARE??」の歌詞もあります。後ほど良ければ合わせてCheckしてください。

歌詞の内容は、夢や幸せに向かっての人生の楽しみと価値を讃える内容を持っています。以下は詳細な解説です:

  1. 夢への逃避と喜びへの賛美: 歌詞は、快適なベッドや温かい湯船に潜り込むことを通じて、現実のストレスや日常の騒がしさから逃れ、夢や幸福を見つけることへの欲望を表現しています。この行動は、日常生活における疲れやプレッシャーから解放される瞬間として描かれ、その瞬間に感じる幸せと喜びを強調しています。
  2. 特別なことや要求しないシンプルな幸せ: 歌詞は、特別なことや贅沢なものが必要ないことを強調しています。歌手は、日常の中で身近なものから幸せを見つけ、その価値を称賛しています。特別な出来事や物事に頼らず、日常の小さな幸せを大切にする姿勢が示されています。
  3. 続ける意志: 歌詞は、気分が乗らないときや途中で困難にぶつかった場合でも、夢と幸福を求めることを諦めない意志を表現しています。夢や幸福を追求し続けることが、人生において重要であるとのメッセージが含まれています。
  4. 自分自身との対話: 歌詞には、「嫌になっちゃったら放り出しちゃいないよ」という行で、自分自身との対話が示唆されています。この行は、時にはモチベーションが低くなることもあるが、それでも諦めずに進むべきだとの考えを表現しています。

総合的に、この歌詞はシンプルな幸せと夢を追求することの美徳を称賛し、その中で途中の困難や気分の浮き沈みにも立ち向かう強さを示唆しています。歌手は、日常の中に喜びと満足を見出すことの大切さを訴えており、ポジティブなメッセージが込められています。

2 Μ Ο Я Ο, King Gnu:キング・ヌー 歌詞

Sweet Sweet Sweet
Sweet sweet dream
フカフカのベッドにDive
See ya TOMORROW
Sweet Sweet Sweet

Sweet sweet dream
アツアツの湯船にDive
See ya TOMORROW

ずっとずっとずっと
雨上がりの夜空が
この時がずっと続きますように
ずっとずっとずっと
同じ風に吹かれていたいよ
君の枕に飛び込んで
夢の枕に飛び込んで
夢に蝕まれ続けていたい
全部嫌になっちゃったら
全部放り出しちゃいないよ

スポンサーリンク

フカフカのベッドにDive
See ya TOMORROW
特別な事は
何一つ要らないよ
アツアツの湯船にDive

See ya TOMORROW
全部嫌になっちゃったら
全部放り出しちゃいなよ
”嫌になっちゃったら放り出しちゃったら?”
See ya TOMORROW

特別な事は
何一つ要らないよ
気が乗らないみたい?
See ya TOMORROW
全部全部
”嫌になっちゃったら放り出しちゃったら?”
See ya TOMORROW
全部全部
気が乗らないみたい?
See ya TOMORROW

King Gnu:キング・ヌーの違う曲の歌詞

《歌詞和訳》SPECIALZ, King Gnu(キング・ヌー)

《歌詞》IKAROS:イカロス, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

《歌詞》):阿修羅:(:あしゅら, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

《歌詞》W●RKAHOLIC:ワーカホリック, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

《歌詞》2 Μ Ο Я Ο, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

《歌詞》DARE??, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

2 Μ Ο Я Ο, King Gnu:キング・ヌー アイキャッチ画像 The Greatest Unknown

King Gnu image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました