大槻マキ – Dear sunrise 歌詞(意味考察)TVアニメ『ONE PIECE』ED主題歌

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大槻マキ – Dear sunrise 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

大槻マキ – Dear sunrise 歌詞

どれだけ走ってきたのか

わからないまま傷跡数えた


ずっと頭の中にある 宝の地図


未来を探し続けてる




本当の約束は胸の奥のもっと奥にある


誰も皆 追いつけない夢


ただひとつ抱きしめて




太陽のように 笑うあなたへ


あの日と同じ歌をうたうよ


大人になっても 忘れたくない


この願いが届くまで

スポンサーリンク

どれだけ涙を流した?

呆れちゃうほど笑顔が溢れた


ずっと心の中にある 思い出だけ


信じて旅を続けてる



ゆずれない情熱は 海の上のもっと果てにある


いつの日か ひとつなぎの夢


勇気を味方にして



太陽のように 笑うあなたへ


くじけそうな日も 歌をうたうよ


声が枯れても 覚えていたい


どんな 遠くなっても


太陽のように 笑うあなたへ


あの日と同じ 歌をうたうよ


大人になっても 忘れたくない


この願いが届くまで

大槻マキ – Dear sunrise 意味考察・解説

毎週日曜朝9:30よりフジテレビほかにて放送中のTVアニメ『ONE PIECE』にて、2024年1月7日(日)放送分からの新章「エッグヘッド編」エンディングテーマに決定している大槻マキDear sunrise(ディアー・サンライズ)の意味考察・解説。

大槻マキDear sunrise(ディアー・サンライズ)の歌詞は、過去の挑戦と未来への希望について語っています。登場人物は長い道のりを歩んできて、途中で多くの困難に直面しながらも、心に刻まれた「宝の地図」を追い求めています。この「宝の地図」は彼らの夢や目標を象徴しており、その夢を追い続けることが、彼らの人生の旅そのものを意味しています。

歌詞の中で、彼らは過去に流した涙や経験した笑顔を振り返りながら、自分たちの情熱や約束を思い出し、勇気を持って夢を追い続けます。彼らにとって、夢を追いかけることは容易ではないが、それでも彼らは「太陽のように笑う」ある人を思い浮かべながら、勇気を出して進み続けます。この「太陽のように笑う人」は、彼らにとっての希望やインスピレーションの源であり、その人を思いながら、彼らは「くじけそうな日も歌をうたう」と語ります。

最終的には、この旅がどこに続くか分からなくても、彼らはその夢や願いが届くまで、この道を歩み続けることを誓います。この歌詞は、挑戦と希望、そして人生の旅における不屈の精神を美しく表現しています。

スポンサーリンク

大槻マキ – Dear sunrise クレジット

作詞:大槻マキ
作曲:久下真音・金子麻友美

大槻マキ – Dear sunrise サムネ画像

大槻マキ「Dear sunrise」画像

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました