《歌詞》IKAROS:イカロス, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IKAROS:イカロス, King Gnu:キング・ヌー 意味考察&解説

11月29日発売のKing Gnu(キング・ヌー)のNew アルバム「The Greatest Unknown」(ザ・グレイテスト・アンノウン)収録曲、「IKAROS」(イカロス)の歌詞&意味考察&解説。
New アルバム「The Greatest Unknown」から、他の収録曲の「SPECIALZ」「阿修羅」「IKAROS」「2 Μ Ο Я Ο」「W●RKAHOLIC」「DARE??」の歌詞もあります。後ほど良ければ合わせてCheckしてください。

歌詞の内容は、情熱的な恋愛や人生の旅における感情的な落下を描いています。サビは、「笑ってよ、どうでも良くなる程」というフレーズで始まり、この部分は、物事が重要でなくなるほど笑ってほしいという願望を表しています。また、「燃やし切ってよ、諦めがつく程に」という部分は、完全に自分を解放し、諦めがつくほど燃え尽きることを望んでいます。
1番では、歌詞は「君の瞳に近付き過ぎたの」というフレーズで始まり、これは恋愛に深く関わりすぎたことを意味しています。「大気圏通過350°C 翼が溶けてゆく」という部分は、恋愛の熱さによって、自分の「翼」(恋愛を飛ぶための手段や力)が溶けてしまい、深い感情の中に落ちていく様子を表しています。
2番では、「決して微塵の記憶さえ 残らぬほどに、燃え尽きますように」というフレーズがあります。これは、過去の記憶や経験が完全に消え去り、新たな始まりを求める願いを込めています。
インタールードの「Falling, falling down」は、恋愛や人生の中での落ちる感覚、つまり失敗や挫折を感じている状態を示しています。
3番では、速いスピードで涙が落ちる様子や、異国の酒に酔いしれる様子を通じて、現実からの逃避や、感情の深いところへの没頭を描写しています。
サビの繰り返しは、この曲の中心的なテーマである解放と忘却の願望を強調しています。全体的に、この歌詞は恋愛や人生の中での感情的な落ち込み、そしてそれからの解放と再生を描いています。

IKAROS:イカロス, King Gnu:キング・ヌー 歌詞

[サビ]
笑ってよ、どうでも良くなる程
燃やし切ってよ、諦めがつく程に
決して
微塵みじんむなしささえ
残らぬほどに、振り返らぬように

[Aメロ1]
君の瞳に近付き過ぎたの
大気圏通過たいきけんつうか350°C
翼が溶けてゆく
どこまでも
ちてゆく

[Aメロ2]
決して微塵みじん記憶きおくさえ
残らぬほどに、燃え尽きますように

[Interlude]
And now
Falling, falling down
Falling, falling down
Falling, falling down
Falling, falling down

スポンサーリンク

[Aメロ3]
涙が落ちるより速いスピードで
異國いこくの酒に酔いどれおぼれて
記憶が薄れてゆく
どこまでも
ちてゆく
翼が溶けてゆく
どこまでも墜ちてゆく

[サビ]
笑ってよ、どうでも良くなる程
燃やし切ってよ、
あきらめがつく程に
決して
微塵みじんむなしささえ (攫ってよ)
残らぬほどに (誰も知らぬ)
振り返らぬように (何処かへと)
笑ってよ、どうでも良くなる程
燃やし切ってよ、諦めがつく程に
決して
微塵みじんの虚しささえ
残らぬほどに、振り返らぬように

King Gnu:キング・ヌーの違う曲の歌詞

《歌詞和訳》SPECIALZ, King Gnu(キング・ヌー)

《歌詞》IKAROS:イカロス, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

《歌詞》):阿修羅:(:あしゅら, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

《歌詞》W●RKAHOLIC:ワーカホリック, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

《歌詞》2 Μ Ο Я Ο, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

《歌詞》DARE??, King Gnu(キング・ヌー)The Greatest Unknown収録曲

IKAROS:イカロス, King Gnu:キング・ヌー アイキャッチ画像 The Greatest Unknown

King Gnu image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました