新しい学校のリーダーズ – Toryanse(とおりゃんせ) 歌詞(意味考察)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新しい学校のリーダーズ – とおりゃんせ 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

新しい学校のリーダーズ – とおりゃんせ 歌詞

とおりゃんせ
とおりゃんせ
とおりゃんせ

あんたがたどこさ
赤い靴履いてさ
こっちの水は苦いさ
こっちはほそ道さ

すいません、ごめんなさい
ちょっと通してください
邪魔しないでください
そっとしてください

スポンサーリンク


止まない雨でびしょびしょ
そんな日でも Skip Skip Skip
メンタル限界いよいろ
そんな日でもSkip Skip Skip
人生模様は色々
このトンネル抜けてみよう
This way ほら道あけて

とおりゃんせ
とおりゃんせ
とおりゃんせ

スポンサーリンク

新しい学校のリーダーズ – とおりゃんせ 意味考察・解説

自称 “青春日本代表” パワフルなダンスが武器の日本の4人組ダンスボーカルユニット、ATARASHII GAKKO!新しい学校のリーダーズ)の新曲、Toryanse(とおりゃんせ)の歌詞&意味考察・解説。
チケットが販売開始から即完売となった1月9日の日本武道館単独公演『青春襲来』で初披露された新曲「Toryanse」は、Brazilian Phonkにインスパイアされたエレクトロニックなビートの上で、日本の童謡をモチーフにした遊び心のある歌詞がグルーヴする、アップリフティングなダンスチューン。日本人であることの喜びと誇りを胸に、2024年さらに世界への道を切り開いていく彼女たちの新たな決意が込められた1曲となっています。

ATARASHII GAKKO!新しい学校のリーダーズ)の新曲、Toryanse(とおりゃんせ)の歌詞は、日本の伝統的な歌「とおりゃんせ」を現代風にアレンジしたものです。伝統的な歌は、子供たちが手をつないで行う遊びの歌で、道を通る際の許可を求める内容です。このアレンジ版では、その元のテーマに現代的な感情や状況を織り交ぜています。

  1. 「とおりゃんせ」の繰り返しは、伝統的な遊び歌のフレーズを使って、人生の道を進む許可や支援を求めている様子を表しています。
  2. 「あんたがたどこさ」は、周囲の人々に対する問いかけで、自分がどこにいるのか、または自分はどこに向かっているのかを探求しています。
  3. 「赤い靴」や「水は苦いさ」などのフレーズは、人生の困難や挑戦を象徴しているかのようです。
  4. 「すいません、ごめんなさい」の部分では、他人に迷惑をかけたくないという願いが込められています。
  5. 「止まない雨でびしょびしょ」は、困難や挑戦が続く人生を象徴しており、「Skip Skip Skip」は、それにもめげずに前進しようとする意志を表しています。
  6. 「メンタル限界いよいろ」は、精神的な限界に達してもなお、前向きに進もうとする姿勢を示しています。
  7. 最後に、「This way ほら道あけて」という部分は、前に進むための道を自ら開いていく決意を示しています。

全体を通して、この歌詞は伝統的な要素と現代的な感情を組み合わせ、人生の旅路を進む中での挑戦、困難、そしてそれに立ち向かう決意を表現しています。

スポンサーリンク

新しい学校のリーダーズ他の曲の歌詞

《歌詞和訳》Tokyo Calling, ATARASHII GAKKO!(新しい学校のリーダーズ)ふりがな付き

新しい学校のリーダーズ – とおりゃんせ サムネ画像

新しい学校のリーダーズ image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました