Sleep Walking Orchestra 歌詞 BUMP OF CHICKEN(バンプ)意味&考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Sleep Walking Orchestra BUMP OF CHICKEN 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Sleep Walking Orchestra BUMP OF CHICKEN 意味考察

千葉県出身のロックバンド、BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)の新曲、Sleep Walking Orchestra(スリープ・ウォーキング・オーケストラ)の歌詞&意味考察。
BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)が、2024年1月から放送開始のTVアニメ”ダンジョン飯”のオープニング主題歌となっている最新曲「Sleep Walking Orchestra」(スリープ・ウォーキング・オーケストラ)をリリースしました。

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)の新曲、「Sleep Walking Orchestra」(スリープ・ウォーキング・オーケストラ)は現実と夢、希望と絶望、生と死の間で揺れ動く感情を描いています。窓から差し込む光が最初の友達として描かれ、夢の中へと誘われる様子が歌われています。ここでの「夢」は現実からの逃避や、未知への憧れを象徴しているようです。歌詞は、日常の中に時々訪れる非日常(魔法)と、それが悪魔のような存在であることを示唆しています。この夢から覚められない状態は、現実との乖離を表しているとも取れます。
 籠の中で鳥が鳴き、失ったものや戻れない過去に気づく部分は、自由を失い制約された状況と、失われたものへの悲哀を表しています。体が生き続ける意志と心が求めるものの間の葛藤、続く世界への渇望、そして生命の証としての呼吸や脈打ちが歌詞を通じて描かれています。
 夜と朝との境界での選択、届かない宝物への憧れ、篝火の向こうで揺れ消えるものへの思いは、人生の選択と失望、消えゆく夢や希望を象徴しているようです。そして、どこまでも続く夢の中で進む決意、風の歌と共に夜明けを目指す様子が描かれています。
 星が回り、日々が過去に変わる中での残酷ながら完璧な世界、躓く蟻のように進む人生、疑いながらも信じる足取りは、不変の宇宙の秩序と人間の生きる意味を示唆しています。最後に、生きる意志と心が求めるもの、再び繋がれる世界への希望として、見えない糸が解ける場所へと導く道筋が示されています。
 この歌詞全体は、生と死、現実と夢、希望と絶望の間で揺れる人間の感情の複雑さと、それに伴う心の動きを深く、詩的に表現されていると感じました。

スポンサーリンク

Sleep Walking Orchestra BUMP OF CHICKEN 歌詞

外から窓をくぐった光が 床に作った最初の友達
空っぽの手を
容易たやすく取られて 連れ出されてから夢の中

幾つかの普通が重なり合うと 時々そこには魔法が宿る
あれは恐らく悪魔だった あれから
めない夢の中

かごの中 鳥が鳴いて気付いた
失くしていた事 もう引き返せない事

どうして体は生きたがるの 心に何を求めているの
肺が吸い込んだ 続きの世界 何度でも吐いた 命の証
さあ今 鍵が廻る音 探し物が囁くよ
赤い血が巡る その全てで 見えない糸を
手繰たぐり寄せて

夜と朝から外れたままで 迫られ続ける取捨選択しゅしゃせんたく
何をどれだけ差し出したとしても 届かないほどの宝物

スポンサーリンク

取り戻したいのか 憧れたのか 篝火の向こう揺れて消える
そろそろ往こうか まだここじゃない どこまで醒めない夢の中

まだ先へ進むというのならば
夜明けまで吹き抜けていく風の
うた

誰が消えても星はまわる 明日が今を過去にしていく
残酷なまでに完璧な世界 どこかでまた
つまずいたあり
未だ響く心臓のドラム それしかないと導くよ
疑いながら その全てで 信じた足が運んでくれる

どうして体は生きたがるの 心に何を求めているの
性懲しょうこりも無く繋いだ世界 何度でも吐いた 命の証
さあ今 鍵が廻る音 探し物が囁くよ
赤い血が巡る その全てで 見えない糸が解ける場所へ

Sleep Walking Orchestra BUMP OF CHICKEN サムネ画像

BUMP OF CHICKEN image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました