Owl City – Boston 歌詞和訳(意味考察)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Owl City – Boston 動画


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Owl City – Boston 歌詞和訳

[Aメロ1]
In the light of the sun, is there anyone?
太陽の光の下、誰かいるの?

Oh, it has begun

始まりはもう、静かに訪れてる

Oh, dear, you look so lost

ああ、迷い込んだ君、そんなにも寂しそうに

Eyes are red and tears are shed

目は赤く、涙が流れてるんだね

This world you must have crossed

この広い世界を一人で渡ってきたの?

You said

そう言ったよね


[サビ]
You don’t know me, you don’t even care, oh, yeah
君は僕のことを知らない、気にも留めない、そうね

And you said you don’t know me

そして君は言った、「僕のことを知らない、

And you don’t wear my chains, oh, yeah

そして、苦痛も共有してくれない」って

That’s what you said

そう言ったよね

スポンサーリンク

[Aメロ2]
Essential yet appealed
必要だけども人を惹きつける、そう君は
(Appealed – 魅力的な、訴えかける。人の関心や感情に訴えかけること。)

You carry all your thoughts

考えを胸に、

Across an open field

広い野原を越えて
(Open field – 開けた野原。自由や可能性を象徴するが、同時に孤独や曝露を感じさせる場所。)

When flowers gaze at you
They’re not the only ones

君を見つめる花々だけじゃない

Who cry when they see you

あなたを見て涙を流す者たちがいる、

You said

そう言ったね


[サビ]
You don’t know me, don’t even care, oh, yeah
君は僕を知らず、心配もしない、ああ、そうだね

Well, you said you don’t know me

君が言った通り、僕を知ることはない

And you don’t wear my chains, oh, yeah

僕が背負う重荷を、君は共有しない、ああ、そうだね

スポンサーリンク

[ブリッジ]
She said, “I think I’ll go to Boston
彼女は言った:ボストンに行ってみようかな

I think I’ll start a new life

新しい人生、始めてみたいの

I think I’ll start it over, where no one knows my name

誰も私の名前を知らない場所で、全てをやり直せたら

I’ll get out of California, I’m tired of the weather

カリフォルニアから抜け出して、あの天気からも逃れたい

I think I’ll get a lover and fly him out to Spain

恋人を見つけて、スペインまで飛んで行こうかな

Oh, yeah, and I think I’ll go to Boston

そう、ボストンに行くの

I think that I’m just tired

ただ、疲れただけかもしれない

I think I need a new town to leave this all behind

新しい街が必要、全てを忘れるために

I think I need a sunrise, I’m tired of the sunset

日の出が見たい、夕日にはもう飽きた

I hear it’s nice in the summer, some snow would be nice”

夏は気持ちがいいって聞くし、雪もいいかもね」

Oh, yeah

ああ、そうだね


[サビ]
You don’t know me, you don’t even care, oh, yeah
君は僕のことを知らない、気にも留めない、そうね


[アウトロ]
Boston
ボストン

Where no one knows my name
Where no one knows my name
Where no one knows my name

誰も私の名前を知らない場所で

Oh, yeah


Boston

ボストン

Where no one knows my name

誰も私の名前を知らない場所で

スポンサーリンク

Owl City – Boston 意味考察・解説

アメリカ、ミネソタ州出身のミュージシャン「アダム・ヤング」 によるソロプロジェクト、Owl City(アウル・シティー) の新曲、Boston(ボストン)の歌詞和訳&意味考察・解説。

Owl City(アウル・シティー) の新曲、Boston(ボストン)の歌詞は、自己発見、孤独、そして新しい始まりへの憧れというテーマを探求しています。第1節では、語り手が明るい太陽の下で自己の存在と孤独を問いかけています。この孤独感は、他者との関係性の中での自己理解の欠如と、周囲からの理解や共感を得られないことによる苦悩が強調されています。

サビでは、この疎外感が「あなたは私を知らない、そして気にもかけない」という言葉によって強調され、他人からの距離感や無関心に対する語り手のフラストレーションが表現されています。語り手は自分の「鎖」、つまり苦しみや制約を他人が共有しないことに失望を感じています。

第2節では、語り手が自分の考えや感情を内包しながら、開けた野原を渡る姿が描かれています。この部分では、自然とのつながりや、内面の世界と外界との関係性が詩的に表現されています。花々が語り手に涙を流すという描写は、語り手が周囲に与える感情的な影響を象徴しています。

ブリッジでは、語り手が現在の生活や場所からの逃避を望んでいることが明らかになります。カリフォルニアからボストンへの移動を通じて、新しい生活、新しい恋、そして名前すら知られていない新しい場所での生活の再スタートを夢見ています。この変化への憧れは、日の出と夕日、そして異なる季節への渇望を通じて、新旧の対比として描かれています。

アウトロでは、ボストンが繰り返し言及され、語り手が完全な新しい始まりを求めていることが強調されます。ここでは、「誰も私の名前を知らない場所」への移動は、過去からの完全な逃避と自己再発見の機会を象徴しています。

全体として、この歌詞は、自己理解の探求、孤独と疎外感、そして過去からの解放を求める深い願望を描き出しています。語り手は、自己発見の旅の中で新しい場所と経験を通じて、自分自身との和解を目指しています。

スポンサーリンク

Owl Cityの違う曲の歌詞和訳

《歌詞和訳》Adam, Check Please, Owl City(アウル・シティー)

《歌詞和訳》Kelly Time, Owl City(アウル・シティー)

Owl City – Boston サムネ画像

Owl City image 画像

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました