Mrs. GREEN APPLE – ナハトムジーク 歌詞(意味考察)映画「サイレントラブ」主題歌

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Mrs. GREEN APPLE – ナハトムジーク 動画


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Mrs. GREEN APPLE – ナハトムジーク 歌詞

胸の痛み

喉を伝い


こえにならない

夜の
とばり

優しくいたい


素直でも在りたいのに


僕らはヘタクソに生きてる


駄目でもいい?

弱くてもいい?

教えてよ


抱きしめる

幾通りに、いつも通り


強く
むご

触れ合えばわかるから


愛されたいのに いつも通り


間違いばかりの今日をまず愛そうか


ああ、理想だ

スポンサーリンク

狂おしく頬をすり寄せて歌を唄う

暗闇の中の光が傷跡に染みるが


矛盾こそ生き抜く為の美だ


抱きしめてあげてね

虚ろな日々でも


乱した呼吸を整えて ほら


「愛されたい」は報われるかな?


手を取り 微弱な風に揺られて


無茶苦茶なこの世界を愛そうか

スポンサーリンク

ごみみたいなもんでしょう

勝手に積んできたんでしょう?


いつの日か崩れても


誰のせいでもないよ


歩くのが疲れたの?


むしろ正常でしょう?


全て無駄に思えても


君は正しいんだよ


「研ぎ澄まして」


抱きしめる

幾通り いつも通り 強く柔く


確かなものじゃ無いから


触れ合えど 
ぼたんはズレていきますが

愛したい


最期まで信じたい


見事さ


また間違えて履き違えてく


不器用な


愛しいボンクラ


等しい僕ら。

スポンサーリンク

Mrs. GREEN APPLE – ナハトムジーク 意味考察・解説

Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)の新曲、ナハトムジークの歌詞&意味考察・解説。
Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)の新曲「ナハトムジーク」は、2024年1月26日に公開される映画『サイレントラブ』の主題歌。本映画は、『ミッドナイトスワン』で【日本アカデミー賞】最優秀作品賞を受賞した内田英治監督がオリジナル脚本で描く物語。山田涼介(Hey! Say! JUMP)演じる“ある出来事”をきっかけに声を発することをやめた主人公の青年・蒼と、浜辺美波演じる目が不自由になり夢が途絶えかけている音大生・美夏のラブストーリーとなっている。
ちなみに曲名のナハトムジークドイツ語で「小さな夜の曲」を意味し、『小夜曲』の邦題もある。 モーツァルトの作品の中で最も有名な曲の一つとして知られる。

Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)の新曲、ナハトムジークの歌詞は、愛と人生の複雑さについての感情豊かな表現をしています。歌詞の中で、心の痛み、愛されたいという願望、そして人生の矛盾と不確かさに対する葛藤が表現されています。一方で、愛すること、間違いを受け入れること、そして自分自身を愛することの大切さも強調されています。

歌詞は、感情の深さと生の複雑さを表現しており、愛することの難しさや、人間関係のもつれ、自己受容の難しさなど、人間の内面の奥深い部分を探っています。また、「愛されたい」という願いや、「研ぎ澄まして」という表現からは、感情の純粋さや、自己と他者への深い理解を求める心情が伝わります。

この歌詞は、不完全で不器用ながらも、愛を求め、生きることの意味を見出そうとする人間の姿を描いています。それは、人生の不確かさや矛盾を受け入れ、それらを通して本当の美しさを見いだす試みとも言えるでしょう。不完全な自分自身や、周囲の世界を、そのままの姿で愛そうとするメッセージが込められています。

スポンサーリンク

Mrs. GREEN APPLE – ナハトムジーク クレジット

作詞:大森元貴
作曲:大森元貴

Mrs. GREEN APPLE – ナハトムジーク サムネ画像

Mrs. GREEN APPLE Image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました