キラキラキラ / 初音ミク 歌詞 (Ayase / YOASOBI)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キラキラキラ / 初音ミク by (Ayase / YOASOBI) 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

キラキラキラ / 初音ミク by (Ayase / YOASOBI) 意味考察・解説

YOASOBI・AyaseがボカロPデビュー5周年、原点回帰の「キラキラキラ」をYoutubeとニコ動にて解禁。
AyaseはX(Twitter)を更新し、昨日12月24日でボカロPデビュー5周年を迎えたことを報告。「皆様いつも応援ありがとうございます。節目な感じなので原点回帰ということで駆け出しの頃と同じように自分で絵描いて映像も作ってみました」とMVが自作のものであることを明かしている。

歌詞の内容は、日常のちいさな苦労や感情の揺れ動きを描いています。日々の生活の中で感じる疲れや孤独、そして小さな希望や夢への憧れが表現されています。歌詞は、時に重たい心情や挫折感、やる気の欠如を描きつつも、その中で見つける小さな光や希望に焦点を当てています。
 具体的には、日常の煩わしさや日々の雑務、人間関係のストレスなどが描かれており、時には何もしたくない日もあれば、元気がある日もあるという気分の波を感じさせます。また、孤独感や涙を流す夜もあるが、それでも生きていくためには時に自分自身を騙しながら前に進む必要があるという複雑な感情が表れています。
 全体を通しては、日々の小さな幸せや、他人からの一言の励ましによって、暗い気持ちが明るく変わる瞬間を捉えています。最終的には、生活の中で見つけた小さな光や、他人の温かい言葉によって、日々の生活が輝きを取り戻す様子が描かれています。

スポンサーリンク

キラキラキラ / 初音ミク by (Ayase / YOASOBI) 歌詞

ちっちゃいため息が

チクタク曇らせてくmirror 今


拭き取った隙間


映る瞳から


キラキラキラ


背中にぶつかった

誰かの言葉に


立ち眩んでいた


散らかる部屋で点けた


切れかけの小さな灯りが


チラチラチラ


洗濯物は溜まる

歯磨き粉は切れる


2ヶ月前の未読


ダンボールのままの荷物


やる気がある日は

やる気が無い日より


やる気がある


やる気が無い日は


本当に何もできない

スポンサーリンク

ドロドロの気持ちを

たまに洗い流して


なんとか生きてる


騙し騙しそれでも


いつか夢見た景色が


キラキラキラ


眠たい眠たいのよdarling

もう少しだけdiving


行けない行けないもう堪忍


子供のように駄々こねても

やってくる


支度するbut bad


気持ちはblue


上手に笑えないなら


さよなら


代わりはいるから


誰かといる日は

一人きりの日より


元気がある


でも家に帰るとまた


どうしてか涙が出る


背中にぶつかった

誰かの言葉に


嫌気がさして


何もかも捨て去って


しまいたくなる日もあるけど


ドロドロの気持ちを

たまに洗い流して


なんとか生きてる


見上げた星は今日も


街の灯りに隠れ


チラチラチラ


気持ちよく生きたいな

そのためにたまに


無理する日もあるけど


どこかにいるあなたが


たった一言


褒めてくれたら


いつの間にかこの日々も


キラキラキラ

YOASOBI(ヨアソビ) の違う曲の歌詞

Chuuou Freeway 歌詞 YOASOBI(Yumi Matsutoya(松任谷由実)

HEART BEAT 歌詞 YOASOBI(意味考察・解説)

《歌詞》Biri-Biri:ビリビリ, YOASOBI(「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」のインスパイアソング)

《歌詞》勇者, YOASOBI(ふりがな付き)

キラキラキラ / 初音ミク by (Ayase / YOASOBI) サムネ画像

ayase_kirakirakira image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました