星野源 – 光の跡 歌詞(意味考察)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

星野源 – 光の跡 動画


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

星野源 – 光の跡 意味考察・解説

12月27日(水)リリースの星野源(ほしのげん)のニューシングルは両A面シングルとなる本作のタイトルは『光の跡/生命体』。光の跡の歌詞&意味考察。
光の跡は『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』エンディング主題歌に決定している。
『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』主題歌のOfficial髭男dismが歌う「SOULSOUP」に続き、『SPY×FAMILY』の最強タッグが、劇場版で再び実現した。

歌詞の内容は、人生の儚さと美しさを表現しています。歌詞は、人間の一時的な存在と、自然の永続性を対比しています。
人はやがて消え去るが、その消失は「綺麗に」と表現され、海の砂や波間の光に混ざるような自然な過程として描かれています。旅をすること、悲しみに手を振ること、風に笑むことなど、人生の一瞬一瞬を大切に生きる姿勢が示されています。
 また、過去に降る雨や黄昏の中での願いなど、人生の様々な瞬間を象徴的に描いています。人と人が惹かれ合う理由、美しいものを見て手を引く行動、海にゆれる光の跡など、人生の中での美しい瞬間や忘れがたい思い出の重要性が強調されています。最終的に、「出会いは未来だ」というフレーズで、人生の新しい可能性と未来への希望を表現しています。
 全体的に、人生の一瞬一瞬を大切にし、自然との調和の中で生きることの美しさを讃えており、人間の存在の儚さとそれにもかかわらず続く自然の美しさを対比しています。

スポンサーリンク

星野源 – 光の跡 歌詞

人はやがて

消え去るの


すべてを残さずに


綺麗にいなくなり


愛も傷も


海の砂に混ざり


きらきら波間に反射する


今のうちに

旅をしよう 僕らは


悲しみにひらひらと手を振る


窓を開けて 風に笑み


意味なく生きては


陽射しを浴びている


過去 背なに雨

目の前には


まだ知らぬ景色

スポンサーリンク

惹かれ合うのは なぜ

ただ「見て、綺麗」だと手を引いた


海にゆれる 光の跡


消えてゆくのに なぜ


ただ 忘れたくない思い出を


増やすのだろう


ほら 終わりは


未来だ


繋ぐその手

やがて解けゆく


足跡はいつしか


止まるはず


それはまるで


訳もなく輝く


貴方の笑顔の意味と知る


肩 寄せたまま

願うことは


黄昏の中に


抱きしめるのは なぜ

ただ 保存できない心ごと


包み込むように


ほら 景色が


増えた


見つめ合う

無為が踊る


手を繋ぐ


笑い合うのは なぜ

ただ 朽ちるしかないこの時を


僕ら燃える 命の跡


消えてゆくのに なぜ


ただ 忘れたくない思い出を


増やすのだろう


ほら 出会いは


未来だ

星野源の違う曲の歌詞

星野源 – 一瞬 歌詞(意味考察)JRA70周年 ブランドCM ソング

星野源 – 光の跡 サムネ画像

星野源 画像

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました