Hello Signals 歌詞 Ado(意味考察・解説)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Hello Signals Ado(アド)音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Hello Signals Ado(アド)意味考察・解説

Ado(アド)と「スマホデビュー1年生」シリーズがコラボ楽曲、Hello Signals(ハロー・シグナルズ)の歌詞&意味考察・解説。
「ソフトバンクデビュー割」の魅力を伝えるCM「スマホデビュー1年生」シリーズ展開の一環として、Ado(アド)とコラボに至ったとのこと。

 Ado(アド)の新曲、Hello Signals(ハロー・シグナルズ)の歌詞の内容は、現代のテクノロジーと情報社会における人間の関係性や感情を描いています。歌詞全体を通じて、不安や孤独、そして新しい可能性に対する希望が表現されています。
 最初の部分は、不安やストレスから逃れるようなイメージがあります。「陽気が吹く不安」というフレーズは、心の中の不安定さとそれを和らげる自然の力を象徴しています。また、「月の裏側に行こう」という表現は、現実から離れて未知の世界への逃避を示唆しているようです。
 次に、デジタルデバイスを使って外界とつながる様子が描かれます。スマートフォンの操作(「タップ スワイプ スワイプ」)は、現代生活における一般的な行動を表しており、私たちがどのようにしてデジタル世界と交流しているかを示しています。
「ハロー世界」というフレーズは、外部とのコミュニケーションへの希望を表しているかのようです。一方で、「クローゼットの奥に開いた窓」は、隠れた自分自身や内面世界への洞察を暗示しています。
「あなたはもう未来に近い」という部分は、進化し続ける人間とテクノロジーの関係を象徴しています。また、過去の思い出(「いつか撮った思い出よ」)と現在の経験がどのように繋がっているかを探る様子が描かれています。
最後に、「知らない未来の上を歩いている」という表現は、予測不可能な未来に対する不確実さと、それでも前進しようとする意志を示しています。全体を通して、この歌詞はデジタル時代における人間の感情、つながり、そして未来への展望を描いていると言えます。

スポンサーリンク

Hello Signals Ado(アド)歌詞

さあ今日は陽気が吹く不安が

行き逃げ去った 月の裏側に行こう


未読の光 枕元に繋いだ外の入り口で


タップ スワイプ スワイプ


距離を行ってあの子に伝う

ハロー世界


クローゼットの奥に開いた窓


あなたはもう未来に近い

いつか撮った思い出よ


きっとまだどこか


遠くへ繋がろう


どんな応答も聞こえるように

あの写真と音楽と


どこまでも触れるこの手を繋ぐもの


知らない未来の上を歩いている

Adoの他の曲の歌詞

《歌詞》クラクラ, Ado(意味&かな)

《歌詞和訳》Show(唱), Ado(アド)

《ふりがな付き歌詞》DIGNITY, Ado(アド)

Hello Signals Ado(アド)サムネ画像

Ado Image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました