藤井 風 「満ちてゆく」歌詞(意味考察)映画「四月になれば彼女は」主題歌

スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤井 風 「満ちてゆく」動画


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

藤井 風 「満ちてゆく」歌詞

走り出した午後も

重ね合う日々も


避けがたくすべて終わりがくる


あの日のきらめきも

淡い[?]

スポンサーリンク

満ちてゆく

枯れてゆく空も


晴れてゆく空も


僕らは愛でてゆく

なにもないけれど

全て差し出すよ

[?]

満ちてゆく
(※リリースされ次第、順次更新します。お楽しみに。)

スポンサーリンク

藤井 風 「満ちてゆく」意味考察・解説

岡山県、浅口郡里庄町出身のシンガーソングライター、藤井 風(Fuji Kaze)の新曲、満ちてゆくの歌詞&意味考察・解説。
3月22日公開の映画「四月になれば彼女は」主題歌に決定している。
結婚を控えた精神科医の藤代俊役を演じるのは、佐藤健。謎の失踪を遂げる藤代の婚約者・坂本弥生役は、長澤まさみが演じており、恋も、愛も、すべてがつまった感動の純愛物語になっている。

藤井 風(Fuji Kaze)の新曲、満ちてゆくは、時間の流れと人生の移り変わりについての感慨深い表現をしています。歌詞全体を通して、日々の営みや感情の変化、そして自然の移り変わりを描写しているようです。

「走り出した午後も、重ね合う日々も、避けがたくすべて終わりがくる」という部分では、どんなに活動的な時間や積み重ねた日々も、避けられない終わりが来ることを表しています。これは人生の無常さや時間の流れの速さを象徴していると解釈できます。

「あの日のきらめきも、淡い」というフレーズは、過去の輝かしい思い出が時間とともに薄れていく様子を表しています。ここでは、時間が経つにつれて変わっていく感情や記憶の変容を描いています。

「満ちてゆく、枯れてゆく空も、晴れてゆく空も、僕らは愛でてゆく」という部分では、空の変化を通じて、人生の様々な段階や状況を受け入れ、それらを愛でることの大切さを歌っています。

「なにもないけれど、全て差し出すよ」という部分は、物質的なものは何もなくても、自分が持っている全てを捧げるという情熱的な表現です。これは恋愛の献身や人生における全身全霊の姿勢を示しているとも取れます。

全体を通して、この歌詞は時間の経過、感情の変化、自然のサイクル、そしてそれらを受け入れることの美しさと重要性を表現していると言えます。無常と変化を受け入れ、それらを愛することの美学が歌詞から感じられます。
また音源がリリースされ次第更新いたします。お楽しみに。

スポンサーリンク

藤井 風の違う曲の歌詞

《歌詞》花, 藤井 風:Fuji Kaze(ふりがな付き)

《歌詞和訳》Workin’ Hard, 藤井 風(Fuji Kaze)

藤井 風 「満ちてゆく」クレジット

作詞作曲:藤井風

藤井風 「満ちてゆく」サムネ画像

Fuji kaze image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました