Awesome City Club「ヒカリ」歌詞(意味考察)ドラマ『となりのナースエイド』主題歌

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Awesome City Club「ヒカリ」音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Awesome City Club「ヒカリ」歌詞

もう失くさない

見落とさない


抱えては千切れてく過去も


編み直そう何度でも


ほどけない心を



ねえいっそ期待なんてしなけりゃ


傷つかないでいられるの?


小さな冷たさがギュッっと


胸の綻びに滲んでく



対岸の花が揺れてるわけなど知らずに


僕たちは迷い流され


繋ぐ手を探してる



今あなたに出会った軌跡が


心に灯り出した


溢れてくひだまりのように ほら


僕らを包んでく



もう失くさない

見落とさない


抱えては千切れてく過去も


編み直そう何度でも


ほどけない心を


きっと

スポンサーリンク

いつかみた夢の続きなんて


雨ざらしのまま転がってる


おんぼろシーソーみたいに


鈍くこの胸が軋んでる




信じあう事が怖くて臆病な訳じゃない


彷徨さまよいながらそれでも

夜明けを探している




今あなたに出会った軌跡が


心に灯り出した


上手には言えないけど せめて


となりでいさせて




今誰もが果てない旅の途中


誰かに生かされてる


優しさはひだまりのように ほら


僕らを包んでく


もう失くさない


見落とさない


抱えては千切れてく過去も


編み直そう何度でも


ほどけない心を


きっと

スポンサーリンク

Awesome City Club「ヒカリ」意味考察・解説

男女ツインヴォーカルを含む男性2人女性1人からなるポップバンド、Awesome City Club(オーサムシティクラブ)の新曲、「ヒカリ」の歌詞&意味考察・解説。
日本テレビ水曜ドラマ『となりのナースエイド』主題歌に決定している。

Awesome City Club(オーサムシティクラブ)の新曲、「ヒカリ」の歌詞は、過去の苦しみや失敗を抱えつつ、それでも前を向いて生きていく決意を描いたものです。歌詞全体を通して、「もう失くさない、見落とさない」というフレーズが繰り返され、過去の痛みや後悔を繰り返さない強い決意を示しています。また、「抱えては千切れてく過去も編み直そう何度でもほどけない心を」という部分では、過去を乗り越えて新たな人生を築く希望を表現しています。

対岸の花が揺れる様子を描きながら、自分たちの迷いや流される感情を表すことで、人生の不確かさや曖昧さを描写しています。しかし、歌詞の中で「今あなたに出会った軌跡が心に灯り出した」というフレーズは、出会いが新たな希望や光をもたらすことを示しており、人間関係の重要性を強調しています。

さらに、「雨ざらしのまま転がってるおんぼろシーソーみたいに鈍くこの胸が軋んでる」という表現は、疲れ果てて無視された夢や願望を象徴しており、そのような状態から抜け出し、新たな夢や目標に向かって進むことの大切さを表しています。

最終的に、「優しさはひだまりのようにほら僕らを包んでく」というフレーズで終わることで、人との繋がりや互いの理解が人生に暖かさと意味をもたらすことを強調しています。全体的に、この歌詞は人生の困難を乗り越え、新しい希望に向かって進む決意と人間関係の価値を表現しています。

スポンサーリンク

Awesome City Club「ヒカリ」クレジット

作詞作曲:atagi(Vo)

Awesome City Club「ヒカリ」サムネ画像

Awesome City Clubヒカリ 画像

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました