Lil Nas X – J CHRIST 歌詞和訳(意味考察・解説)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Lil Nas X – J CHRIST 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Lil Nas X – J CHRIST 歌詞和訳

[イントロ]
Hey, look, look, look, but look
ほら、見て、見て、でもちゃんと見て

We going all the way up, man

僕たちはもっと上へ行くんだ

We going past what we been like

今までの自分たちを超えて

Taking this shit back to the Westside

この流れをウェストサイドに戻すんだ

(Is he ‘bout to give ‘em something viral?)

(彼はみんなを驚かせるつもりかな?)

Fine cash shit

いい感じの金遣い

Yeah, uh

そう、ああ


[Aメロ1]
Bust-down chain, that was thirty bands
ダイヤで飾られたチェーン、その価格は3万ドル
(Bust-down: 高価なジュエリーや時計などにたくさんのダイヤモンドを埋め込んだものを指します。)

Bust-down wrist, match my bust-down thirty-inch

ダイヤで飾った腕時計、それは僕の30インチの豪華なチェーンとマッチして

Walk up in the club poppin’ shit like it was Doublemint

クラブに入っては、まるでダブルミントのようにカッコつけ
(ダブルミントガムの広告キャンペーンで使われる派手で楽しいイメージを引き合いに出しており、そのような華やかさと楽しさを自分自身のスタイルに喩えています。)

Lookin’ for a ten, we only settle when it’s settlements

10点満点の相手を探す、決着がつくまでは妥協しない

Uh, uh, uh, let ‘em slide, yeah

うん、うん、うん、まぁ見逃してやれよ

Last year was a quiet year

去年は静かな年だった

Now I’m on Mariah
今はマライアの上を行く

I’m finna take it higher, okay
もっと高みを目指すんだ、オーケー
(ナスは、このラインで高音を非常にうまく出すことで知られるシンガーソングライターのマライア・キャリーについて言及している。ナスは今年(2024年)は2023年よりも高音で歌うと主張している。)

Let ‘em slide, yeah

見逃してやるよ

Last year was a quiet year

去年は静かな年だった

Tell ‘em, “Come outside”
「外に出てこい」と言うんだ

Baby, we ain’t tryna hide

ベイビー、隠れるつもりはないんだ


[プリコーラス]
You know what I’m on, I’m on a break
僕が何をしてるか知ってるよね、休憩中だ

You know when I’m back, it’s all for take

戻ったら、すべてを手に入れるつもり

You know that I’m ready for everything

何でも受け入れる準備はできてる

You know when I play, it’s all for keeps, uh, uh

僕が本気を出す時、それは全てを賭ける時、うん、うん


[サビ]
Is he up to somethin’ only I know?
彼は何かを企んでるのかな、僕だけが知ってること?

Is he ‘bout to hit ‘em with the highnote?

彼はもうすぐ高音で彼らを打ちのめすのかな?

Is he ‘bout to give ‘em somethin’ viral?

彼はみんなを驚かせる何かを提供するつもり?
(Viral: インターネット上で急速に広まること。ここでは、人々の間で速く広がる何かを指しています。)

Is he ‘bout to hit ‘em with the high note?

彼はもうすぐ高音で彼らを打ちのめすのかな?

スポンサーリンク

[Aメロ2]
Which way that we goin’? Hmm, this way
どっちの道を行く?うーん、この道さ

Took ‘em to the telly and I told ‘em it’s a dizz-ate
ホテルに連れて行って、これはデートだって伝えた
(「telly」は一般的に「テレビ」を意味しますが、この文脈では「ホテル」と解釈することもできます(特に「dizz-ate」というスラングを組み合わせると)。また、「dizz-ate」は「date」の俗語的な表現で、デートや楽しい時間を意味します。)

Turn up, baby, we gon’ have to check out at, like, six-A

盛り上がろうよ、ベイビー、朝の6時にはチェックアウトだけど

Really, it’s that eizz-ight, but your Uber on the wiz-ay

実際は8時だけど、お前のウーバー(タクシー)はもう来てるよ

Back-back-back up out the gravesite

墓場から這い上がってきたみたいに
(Gravesite: 墓地。ここでは、自分の復活や再登場を強調するための比喩として使われています。)

B※tch, I’m back like J Christ

まるでイエス・キリストみたいに戻ってきたぜ

I’m finna get the gays hyped

ゲイたちを興奮させるんだ

I’m finna take it yay-high

もっと高みへ行くんだ

Back up out the gravesite

墓場から這い上がってきたみたいに

B※tch, I’m back like J Christ

まるでイエス・キリストみたいに戻ってきたぜ

I’m finna take it, uh, uh

もっと、もっと

I’m finna take it yay-high

もっと高みへ行くんだ


[プリコーラス]
You know what I’m on, I’m on a break
僕が何をしてるか知ってるよね、休憩中だ

You know when I’m back, it’s all for take

戻ったら、すべてを手に入れるつもり

You know that I’m ready for everything

何でも受け入れる準備はできてる

You know when I play, it’s all for keeps, uh, uh

僕が本気を出す時、それは全てを賭ける時、うん、うん


[サビ]
Is he up to somethin’ only I know?
彼は何かを企んでるのかな、僕だけが知ってること?

Is he ‘bout to hit ‘em with the high note?

彼はもうすぐ高音で彼らを打ちのめすのかな?

Is he ‘bout to give ‘em somethin’ viral?

彼はみんなを驚かせる何かを提供するつもり?

Is he ‘bout to hit ‘em with the high note?

彼はもうすぐ高音で彼らを打ちのめすのかな?

Is he up to somethin’ only I know?
彼は何かを企んでるのかな、僕だけが知ってること?

Is he ‘bout to hit ‘em with the high note?

彼はもうすぐ高音で彼らを打ちのめすのかな?

Is he ‘bout to give ‘em somethin’ viral?

彼はみんなを驚かせる何かを提供するつもり?

Is he ‘bout to hit ‘em with the high note?

彼はもうすぐ高音で彼らを打ちのめすのかな?


[アウトロ]
Oh-oh-oh, I’m in my prime
おっとっと、僕は全盛期
(Prime: 全盛期や最高点を意味します。自己の最も良い状態や時期を指しています。)

(B※tch, I’m back like J Christ)

(ほら、イエス・キリストのように戻ってきたぜ)

Let’s go-go-go, let’s take ‘em on a high

さあ行こう、高みへ連れて行ってやる

(Yeah, yeah)


Is he ‘bout to hit ‘em with the high note?

彼はもうすぐ高音で皆を驚かせるのかな?

What? Yeah

え?うん

スポンサーリンク

Lil Nas X – J CHRIST 意味考察・解説

アメリカ、ジョージア州出身、ラッパー、Lil Nas X(リル・ナズ・X)の新曲、J CHRIST(ジェイ・クライスト)の歌詞和訳&意味考察・解説。

Lil Nas X(リル・ナズ・X)の新曲、J CHRIST(ジェイ・クライスト)の歌詞全体は、自信に満ちたライフスタイル、贅沢な物品への愛着、そして自己表現の強さをテーマにしています。歌手は高価なジュエリー(「Bust-down chain」や「Bust-down wrist」)を身につけ、クラブでの目立つ存在感(「Walk up in the club poppin’ shit like it was Doublemint」)、そしてトラブルを気にしないリラックスした態度(「Uh, uh, uh, let ‘em slide, yeah」)を通じて、自己の成功と自信を表現しています。

さらに、歌詞は彼の遊び心(「Which way that we goin’? Hmm, this way」)や、自身のカリスマと影響力(「I’m finna get the gays hyped」、「Bitch, I’m back like J Christ」)にも焦点を当てています。特に「B※tch, I’m back like J Christ」という繰り返しのフレーズは、彼の復活や再登場がどれだけ注目すべきものかを強調しています。

アウトロでは、彼が自身の全盛期にいること(「Oh-oh-oh, I’m in my prime」)、そして彼のパフォーマンスや次の一手が期待されていること(「Is he ‘bout to hit ‘em with the high note?」)を示しています。全体を通じて、この歌詞は豪華で活気あるライフスタイル、そして自己表現の重要性を強く訴えています。

スポンサーリンク

Lil Nas X – J CHRIST サムネ画像

J CHRIST - Lil Nas X image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました