Calum Scott – Lighthouse 歌詞和訳(意味考察・解説)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Calum Scott – Lighthouse 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Calum Scott – Lighthouse 歌詞和訳

[Aメロ1]
In the dark of the night, not a star in the sky
星一つない暗闇の夜に

I can feel your love pull against the tide

潮の流れに逆らうきみの愛を感じてる
(Tide (潮の流れ): ここでは、困難や障害を象徴している可能性があります。愛が潮の流れに逆らうことで、困難に立ち向かう意志を示しています。)

And I see you shining bright like a lighthouse

そして、灯台のように輝くきみが見える
(Lighthouse (灯台): 安全や希望の象徴としてよく用いられる。この歌詞では、愛が道を照らす力を表しています。)

And the wind’s got the water runnin’ wild

風が水面を騒ぎ立て

But I’ll swim to you, swim for my life

でも僕は泳いでいく、命を懸けてきみのもとへ

And I pray I’ll make it before the night’s out

そして願う、夜が明ける前に辿り着けることを


[サビ]
I won’t let you go, I feel it in my bones
きみを離さない、骨の髄まで感じてる

No matter where I go, you’re where my heart belongs

どこへ行っても、きみのいる場所がぼくの心の居場所

All I know, I’ll follow every road

分かってるのは、どんな道も辿るということ

Till I find my way back home

家路を見つけるまで

You’re where my heart, you’re where my heart

きみのいる場所が、ぼくの心が

You’re where my heart belongs(My heartbeat, my heartbeat)

安らぐ場所
(Belongs: この単語は「属する場所」というテーマに直結し、愛や帰属感の深い絆を象徴しています。)

You’re where my heart belongs

心が安らぐ場所なんだ

スポンサーリンク

[Aメロ2]
I belong right there in your open arms
きみの広げた腕の中が私の居場所

The world can try to tear us apart

世界がぼくたちを引き裂こうとしても
(tear apart〔~を〕引き裂く、ばらばらにする、分裂させる)

But our love will guide us home like a lighthouse

でも、ぼくたちの愛が灯台のように道を照らす

Walk a thousand miles in the pouring rain

土砂降りの中、千マイルを歩く

And a million years couldn’t change the way

そして百万年たっても変わらない

The way I feel, I feel ‘bout you right now

今のきみへのこの感情


[サビ]
I won’t let you go, I feel it in my bones
きみを離さない、骨の髄まで感じてる

No matter where I go, you’re where my heart belongs

どこへ行っても、きみのいる場所がぼくの心の居場所

All I know, I’ll follow every road

分かってるのは、どんな道も辿るということ

Till I find my way back home

家路を見つけるまで

You’re where my heart, you’re where my heart

きみのいる場所が、ぼくの心が

You’re where my heart belongs (My heartbeat, my heartbeat)

安らぐ場所

You’re where my heart belongs

心が安らぐ場所なんだ

I won’t let you go, I feel it in my bones
きみを離さない、骨の髄まで感じてる

No matter where I go, you’re where my heart belongs

どこへ行っても、きみのいる場所がぼくの心の居場所

All I know, I’ll follow every road (Every road)

分かってるのは、どんな道も辿るということ

Till I find my way back home (My way back home)

家路を見つけるまで

You’re where my heart, you’re where my heart

きみのいる場所が、ぼくの心が

You’re where my heart belongs (My heartbeat, my heartbeat)

安らぐ場所

You’re where my heart belongs
You’re where my heart belongs

心が安らぐ場所なんだ

スポンサーリンク

Calum Scott – Lighthouse 意味考察・解説

イギリス、キングストン・アポン・ハル出身のシンガーソングライター、Calum Scott(カルム・スコット)の新曲、Lighthouse(ライトハウス)の歌詞和訳&意味考察・解説。

Calum Scott(カルム・スコット)の新曲、Lighthouse(ライトハウス)の歌詞は、強い愛と絆の物語を歌っています。詩的な比喩を用いて、歌詞は恋人たちの間の深い感情を表現しています。暗い夜に星が見えない中、恋人の愛が潮流に逆らう力として感じられます。この恋人は灯台のように明るく輝いており、荒れ狂う海の中でも、歌い手はその人に向かって泳ぐ決意をしています。コーラスでは、どこにいても心はその人とともにあると歌われており、どんな道を歩いても家へ帰る道を見つけるという決意が表現されています。

二番では、世界中が二人を引き離そうとしても、恋人の愛が灯台のように道を照らすと語られています。雨の中何千マイルも歩いても、何百万年経っても、その人への感情は変わらないという強い愛情が歌われています。

この歌詞は、どんな障害があっても、愛が二人を導き、結びつけるというメッセージを伝えています。恋人の存在が歌い手の「ホーム」であり、心が属する場所として描かれています。全体的に、この歌は不変の愛、希望、そして屈しない決意を力強く表現しています。

スポンサーリンク

Calum Scottの違う曲の歌詞和訳

《歌詞和訳》Whistle, Jax Jones & Calum Scott(ジャックス・ジョーンズ & カルム・スコット)

《歌詞和訳》One More Try, Calum Scott(カルム・スコット)

【英詩和訳】Where Are You Now, Lost Frequencies(ロスト・フリクエンシーズ)

《歌詞和訳》Boys In The Street, Calum Scott(カルム・スコット, ボーイズ・イン・ザ・ストリート)

【英詩和訳】If You Ever Change Your Mind, Calum Scott(カルム・スコット)

【英詩和訳】What I Miss Most, Calum Scott(カルム・スコット)

Calum Scott – Lighthouse サムネ画像

Calum Scott Image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました