[Alexandros] – todayyyyy 歌詞和訳(意味考察・解説)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

[Alexandros] – todayyyyy 動画


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

[Alexandros] – todayyyyy 意味考察・解説

[Alexandros](アレキサンドロス)の新曲、todayyyyyの歌詞和訳&意味考察・解説。
スマホゲーム『モンスターストライク』のキャラクター”マサムネ”とのコラボレーションソング。

歌詞の内容は、日常の平凡さや退屈さを描いていますが、それを変えることへの希望も表現しています。
歌詞の初めでは、特別なことのない「某日」や、何となく過ごす日々、理想と現実の間の葛藤を描いています。
しかし、途中からその平凡さから抜け出し、自分自身の声に耳を傾け、新しいアイディアや想像で日々を彩ろうとする姿勢が見えます。
 特に、「五月雨の筆を走らせ」という表現は、不確かな未来を描く努力を象徴しています。そして、「噛み締める現実が夢になる」という部分は、現実を受け入れつつも、それを越えて夢を追い続ける意志を示しています。
 「ありふれた日々を塗り替えていく」という繰り返されるフレーズは、日常を自らの手で変える決意を表しており、「希望という景色」に言及することで、前向きな未来への展望を描いています。
 最後の部分では、毎日が同じではなく、異なる雲の下で過ごすこと、落ちても立ち上がることを学ぶ毎日を強調し、変化と成長の重要性を表しています。そして、「I say “today is the day”」という部分で、今日が変化の始まりであると宣言しています。
 全体的に、この歌詞は日常の単調さに対する反抗と、自分自身の力で新しい世界を創造する希望を描いていると言えます。

スポンサーリンク

[Alexandros] – todayyyyy 歌詞和訳

なんの変哲へんてつもない”某日ぼうじつ”を

無理矢理埋むりやりうくすあわいカレンダー


なんと なんと なんとなくね

わかったような顔つきで


自分の声だけ 白紙のまま


なんとなしに信じた理想も

有耶無耶うやむやになって散れば幻想げんそうだと知る
(その事実があるのかないのか、はっきりしない(させない)状態や態度。もやもやのまま。)


なんと なんと なんとなくね

“ちゃんと会って話したいね”


自分の声が 響いた今日が


「その日」だとして


ありふれた日々を塗り替えていく

五月雨さみだれふでを走らせ
(物事が一度では終わらずに、だらだらと続くこと)

噛み締める現実(いま)が夢になるのを


待てないよ


消えてしまう前に


なんの変哲へんてつもない”某日ぼうじつ”を

ツギハギで
つむいでいくアイディア


なんとなしに住んだ某所ぼうしょ

思い立った
あかつきき分けていく


なんと なんと なんとなくね

わかったような事を言うね


物語は嘘から始まる


何度なんど何度なんど 打たれたって

笑ったような顔つきで


自分自身騙じぶんじしんだまして思い込んでいく


あきらめた日々をくつがえしていく

希薄きはくで消えないイメージが

下り坂の先に見えたなら


それこそが


希望という景色


everyday everyday it’s not the same
毎日、毎日それは同じではない

everyday we’re under different cloud

毎日が違う雲の下

everyday everyday it’s not the same

毎日、毎日それは同じではない

no single beat would be the same

ひとつとして同じビートはない


everyday everyday it’s not the same
毎日、毎日それは同じではない

everyday we fall we learn to rise

倒れるたびに、立ち上がることを学ぶ

everyday everyday it’s not the same

毎日、毎日それは同じではない

I say “today is the day”

今日がその日だ


ありふれた日々を塗り替えていく

太刀風たちかぜうずを抜け出して
(太刀を振った勢いで起こる風。)

噛み締める現実(いま)が夢になるのを


待てないよ


消えてしまう前に

[Alexandros] – todayyyyy サムネ画像

[Alexandros] image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました