スポンサーリンク

《歌詞和訳》Lavender Haze, Taylor Swift(テイラー・スウィフト、ラベンダー・ヘイズ)

Taylor Swift Image1, 北米出身アーティスト

アメリカ、ペンシルバニア州出身、カントリーポップシンガーのTaylor Swift(テイラー・スウィフト)の新曲,Lavender Haze(ラベンダー・ヘイズ)の和訳。
10月21日発売のNew アルバム「Midnights」は「Anti-Hero」「Lavender Haze」「Midnight Rain」「Paris」「Snow On The Beach」「Bejeweled」など全20曲収録されている。

歌詞の中にでてくる大事な表現方法やネイティブがよく使う便利な単語はマーカーで色付けして、よく使われるボキャブラリーは赤文字で紹介していますので、よければそちらも併せて確認してください✨
記事に関することや、和訳のこと、その他、感想などもしございましたら気軽にコメントしてください。
Twitterに毎日記事更新投稿してます、よかったらフォローしてください🎶→@服部サイコロTwitter

Lavender Haze by Taylor Swift

[Intro]
Meet me at midnight
真夜中に会いましょう

[Verse 1]
Staring at the ceiling with you
あなたと天井を見つめる

Oh, you don’t ever say too much
あなたは多くを語らない

And you don’t really read into
そして、あなたはあまり読み取ろうとしない

My melancholia
私の憂鬱な気持ちも
(メランコリアとは、深い悲しみの状態であり、うつ病の一種)

[Pre-Chorus]
I been under scrutiny (Yeah, oh, yeah)
私はずっと監視下に置かれてきた

You handle it beautifully (Yeah, oh, yeah)
取り扱いは上手にしてきたけど

All this shit is new to me (Yeah, oh, yeah)
すべての戯言は初めての経験だった

[Chorus]
I feel the lavender haze creeping up on me
ラベンダーの靄が私に忍び寄ってくる
テイラーは以前インタビューの中でこう語っている。「マッドメンを見ている時に “ラベンダーヘイズ “というフレーズを偶然見つけて、クールな響きだと思って調べてみたら、50年代によく使われていたフレーズで、恋をしていることを表現していることが分かったの。ラベンダー色の霞の中にいるような、すべてを包み込むような愛の輝きの中にいるという意味で、本当に美しい言葉だと思いました」)

Surreal
その絵はすごくリアルなの

I’m damned if I do give a damn what people say
人がなんと言おうと、私は気にしない

No deal
取引はなし

The 1950s shit they want from me
私に1950年代の大昔の女性の役割を押し付けてくるの
1950年代は、ステレオタイプな男女の役割分担で有名な時代である。女性は献身的な妻であり、家のことや子供の世話をすることが期待されていました。このことは、曲の後半でテイラーが言う、恋人の花嫁になるかどうかを尋ねられ、妻として見られるということと一致する)

I just wanna stay in that lavender haze
私はただそのラベンダー色の靄の中にいたいだけ

[Verse 2]
All they keep asking me (All they keep asking me)
みんな私に聞いてくることは

Is if I’m gonna be your bride
あなたの花嫁になれるかどうかって
2022年6月、タブロイド紙『サン』は、テイラーと長年の恋人Joe Alwyn(ジョー・アルウィン)の婚約疑惑を報じたことを言及している。)

The only kinda girl they see (Only kinda girl they see)
誰もが見るような女の子は

Is a one-night or a wife
一夜限りの関係か、愛する妻なのか

[Pre-Chorus]
I find it dizzying (Yeah, oh, yeah)
目眩がする

They’re bringing up my history (Yeah, oh, yeah)
私たちの過去を持ち出して

But you weren’t even listening (Yeah, oh, yeah)
でもあなたは聞いてさえいなかった

[Chorus]
I feel the lavender haze creeping up on me
ラベンダーの靄が私に忍び寄ってくる
テイラーは以前インタビューの中でこう語っている。「マッドメンを見ている時に “ラベンダーヘイズ “というフレーズを偶然見つけて、クールな響きだと思って調べてみたら、50年代によく使われていたフレーズで、恋をしていることを表現していることが分かったの。ラベンダー色の霞の中にいるような、すべてを包み込むような愛の輝きの中にいるという意味で、本当に美しい言葉だと思いました」)

Surreal
その絵はすごくリアルで

I’m damned if I do give a damn what people say
人がなんと言おうと、私は気にしない

No deal
取引はなし

The 1950s shit they want from me
私に1950年代の大昔の女性の役割を押し付けてくるの
1950年代は、ステレオタイプな男女の役割分担で有名な時代である。女性は献身的な妻であり、家のことや子供の世話をすることが期待されていました。このことは、曲の後半でテイラーが言う、恋人の花嫁になるかどうかを尋ねられ、妻として見られるということと一致する)

I just wanna stay in that lavender haze
私はただそのラベンダー色の靄の中にいたいだけ

[Post-Chorus]
That lavender haze
あのラベンダー色の靄に

[Bridge]
Talk your talk and go viral
あることない事をおしゃべりして、拡散すればいいわ

I just need this love spiral
あたしはこのラブ・スパイラルが欲しいだけ

Get it off your chest
胸につかえているものを吐きだして

Get it off my desk (Get it off my desk)
私の机から取り除いて

Talk your talk and go viral
あることない事をおしゃべりして、拡散すればいいわ

I just need this love spiral
あたしはこのラブ・スパイラルが欲しいだけ

Get it off your chest
胸につかえているものを吐きだして

Get it off my desk (Get it off my desk)
私の机から取り除いて

[Chorus]
I feel (I feel), the lavender haze creeping up on me
ラベンダーの靄が私に忍び寄ってくる

Surreal
その絵はすごくリアルで

I’m damned if I do give a damn what people say
人がなんと言おうと、私は気にしない

No deal (No deal)
取引はしない

The 1950s shit they want from me
私に1950年代の大昔の女性の役割を押し付けてくるの

I just wanna stay in that lavender haze
私はただそのラベンダー色の靄の中にいたいだけ

[Outro]
Get it off your chest
胸につかえているものを吐きだして

Get it off my desk
私の机から取り除いて

That lavender haze
あのラベンダー色の靄に

I just wanna stay
ここにいただいだけ

I just wanna stay in that lavender haze
私はただそのラベンダー色の靄の中にいたいだけ

【Taylor Swiftの違う曲の和訳⏬】
Taylor Swiftの全曲 歌詞和訳リスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました