《歌詞和訳》Oral, Björk & ROSALÍA(ビョーク & ロザリア)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Oral – Björk & ROSALÍA 動画・音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Oral – Björk & ROSALÍA 意味&解説

アイスランドのシンガーソングライター、ビョークとスペインのバルセロナ出身のシンガーソングライター、ロザリアは、新曲「オーラル」をリリースしました。ビョークは、アイスランドでのサケの大規模な養殖が環境に与える深刻な影響について懸念を抱いており、この新曲の収益を養殖場建設に反対する活動に寄付することを考えています。彼女は、近年、何千もの「フランケンシュタイン・フィッシュ」と彼女が名付けた生物がアイスランドの川に生息するようになったことに強い怒りを感じています。
この「フランケンシュタイン・フィッシュ」は、彼女が養殖サーモンにつけた別名で、1978年の映画『ピラニア』に登場する肉食魚を連想させる不気味な魚です。この魚は、数ヶ月前からアイスランド西部のフィヨルドに設置された沖合の養殖場から逃げ出し、国内の川へと流れ込んでいます。この侵略的な魚が殺虫剤や排泄物を川に持ち込み、野生のサケと交配することにより、野生のサケの数が減少する可能性が懸念されています。

《Oral》歌詞全体は、夢と現実、願望とその実現可能性について深く探求しています。イントロでは、相手の口(または声)が夜、自分のベッド上に浮かぶという幻想的なイメージから始まり、これは恋愛や憧れの対象への強い感情を象徴している可能性があります。

1番では、心が作り出す夢や願望が現実になる可能性について語られています。ここでは、ただ想像するだけでなく、それが現実になる可能性もあるという希望が込められています。同時に、「起こらないことなんてない」というフレーズで、限界を設けずに夢を追い続けることの大切さを強調しています。

サビ部分では、行動の正しさや選択に対する疑問が表現されています。これは、夢と現実の間での葛藤や、自分の行動や選択に対する不確かさを示しているようです。

2番では、夢と現実、想像と実際を対比させることで、これらがどのように関連しているかを探っています。これは、想像力と現実の世界が互いに影響を与え合うことを示唆しています。

ブリッジでは、より具体的なシナリオが描かれ、愛する人への肉体的な接触や親密さへの憧れを表現しています。ここでは、願望が現実に近づいていることを暗示しており、夢の実現に向けた具体的なステップを描いています。

アウトロでは、自己制限や内面の葛藤に焦点を当てています。ここでの「線」は、個人の限界や道徳的な境界を象徴しており、夢と現実の間のバランスを見つけることの難しさを表現しています。

総じて、この歌詞は夢と現実の狭間での内面的な葛藤、願望と現実の可能性、そして自己制限と自由の間の緊張関係を巧みに表現されています。

Oral – Björk & ROSALÍA 歌詞和訳

[イントロ: Björk, Björk & ROSALÍA]
Your mouth floats above my bed at night
夜になると、あなたの存在が私の心に静かに浮かんでくる
(Floats: 浮かぶ – 幻想的または心理的な存在感を示す動詞)

My own private moon

私だけのプライベートな月
(private moon”: 「私だけの月」 – 個人的な感情や思い出を象徴する成句。)


[Aメロ1: ROSALÍA & Björk]
Just because the mind can make up whatever it wants
Doesn’t mean that it’ll never come true

心で描く夢が現実にならないとは限らない。

Won’t ever happen (Just because she can)

不可能なことは何もない(彼女はできるから)

Please, could I change that?

それを変えることはできますか?


[サビ: Björk & ROSALÍA]
Is that the right thing to do?
それは正しいことなの?

Oh, I just don’t know

ああ、わからない

I just don’t know

本当にわからない

Is that the right thing to do?

それは正しいことなの?

Oh, I just don’t know

ああ、わからない

I just don’t know

本当にわからない

スポンサーリンク

[Aメロ2: Björk & ROSALÍA]
Let me introduce one to the other
お互い紹介するわ

The dream and the real, get them acquainted

夢と現実、知り合わせるの

Just because she can

彼女ができるから

Introduce

紹介する

Just because she can

女ができるから

A mouth to a mouth

唇と唇が触れ合う瞬間


[サビ: Björk & ROSALÍA]
Is that the right thing to do?
それは正しいことなの?

Oh, I just don’t know

ああ、わからない

I just don’t know

本当にわからない

Is that the right thing to do?

それは正しいことなの?

Oh, I just don’t know

ああ、わからない

I just don’t know

本当にわからない


[ブリッジ: Björk & ROSALÍA]
Can I just sneak up from behind
こっそりと彼の後ろに忍び寄って
(Sneak: こっそり動く – 隠れて、ひそかに行動すること。)

To the back of his head?

彼の後ろ髪に触れてもいいかな?

Then I lift up his hair

そして彼の髪を持ち上げて

And nibble ever so lightly

とても優しくかじるの
(Nibble: 軽くかじる – 愛情表現の一種としての軽い接触。)

That’s where her hair starts

そこから彼女の髪が始まる

Just because she can

彼女にはできるから

Now please, can I kiss him

今、彼にキスしてもいい

Just because she can?

彼女ができるから?

Yo quiero besarle

彼にキスしたいの

Just because she can

彼女にはできるから

Come on, please, can I kiss him?

お願い、彼にキスしてもいい?

Just because she can

彼女にはできるから

I just don’t know, oh

わからない、ああ


[アウトロ: Björk & ROSALÍA]
Just because she can (Can)
彼女はできるから

There’s a line there, I can’t cross it (Ooh)

越えてはいけない一線がある

Just because she can

彼女はできるから

There’s a line there, I can’t cross it (Come)

越えてはいけない一線がある

Just because she can

彼女はできるから

There’s a line there, I can’t cross it

越えてはいけない一線がある

Just because she can (Oh, it must come)

彼女はできるから

There’s a line there, I can’t cross it
There’s a line there, I can’t cross it (Just)
There’s a line there, I can’t cross it
There’s a line there, I can’t cross it
There’s a line there, I can’t cross it
There’s a line there, I can’t cross it

越えてはいけない一線がある

Björk & ROSALÍAの違う曲の歌詞和訳

《歌詞和訳》ancestress, björk(ビョーク)

《歌詞和訳》atopos, björk(ビョーク)

《歌詞和訳》ovule, björk(ビョーク)

【英詩和訳】blissing me, björk(ビョーク)

《歌詞和訳》TUYA, ROSALÍA(ロザリア)

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました