《歌詞和訳》Christmas Isn’t Christmas, Bon Jovi(ボン・ジョビ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Christmas Isn’t Christmas – Bon Jovi 動画・音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Christmas Isn’t Christmas – Bon Jovi 意味&解説

アメリカ合衆国 ニュージャージー州出身のロックバンドで全米を代表するハードロック・グループの一つ、Bon Jovi(ボン・ジョビ)。
デビュー早々から成功を収め、特に3rdアルバム『Slippery When Wet』が1000万枚を超える大ヒットを飛ばして以降、世界的な知名度を誇っている。

歌詞の内容は、クリスマスの時期を背景に、伝統的な祝祭の様子とその中で感じる深い感情の複雑さを描いています。一部ではクリスマスの伝統的な要素、例えばプレゼントを包む様子、友人や家族との楽しい時間、ワインを飲みながら過ごす時などが描かれています。これらのシーンは温かく、親密な雰囲気を醸し出しています。

しかし、同時に歌詞の中には、何か大切なものが欠けていることに対する淡い憂いや、時間の経過と変化への深い洞察が表現されています。特に「今年のクリスマスは何か違う」という感覚や、「ワインを飲んでいる間にもう一年が過ぎた」というフレーズは、時の流れとその中での変化に対する感慨深い思いを示しています。

全体として、この歌詞は祝祭の喜びと共に、人生の変化、時間の経過、そして何か大切なものを失ったことへの寂しさを繊細に表現しています。クリスマスの明るさと暖かさがありながらも、心の奥深くにある寂しさや切望、そして変わりゆく人生への洞察が込められています。

Christmas Isn’t Christmas – Bon Jovi 歌詞和訳

[Aメロ1]
Fancy paper, pretty ribbons
鮮やかな包装紙、美しいリボンで
(Fancy – 華やかな、精巧な。ここでは美しく装飾された包装紙を表しています。)

Wrap each present that is new

新しいプレゼントを一つずつ包んで

And the sounds of this good season fills the night

この素晴らしい季節の音が夜を満たす

We’ll light a fire, send seasons greetings

炎を灯し、季節の挨拶を送ろう

We’ll sing a song of Yule

クリスマスの歌を歌おう
(Yule – クリスマス。伝統的な冬の祝祭期間を指す古い言葉。)

There’s nothing wrong but this year Christmas isn’t right

特に問題はないけれど、今年のクリスマスは何か違う


[サビ]
Oh, it’s a beautiful day
ああ、美しい日だ

We’ll give thanks and we’ll pray

感謝し、祈りを捧げよう

For every blessing and the dreams that came true

叶った夢と、与えられたすべての祝福に感謝して
(Blessing – 祝福、恵み。人生の良い出来事や幸運を指す。)

Oh, it’s a beautiful night

ああ、美しい夜だ

But I can’t wait for first light
でも、夜明けが待ち遠しい
(この表現は、現在の美しさや幸せを認識しつつも、新しい朝、つまり新しい始まりや変化への強い願望を示しています)

When that sky will shine a different kind of blue
空がまた違った青さで輝く時が待ち遠しいよ
(この表現は、現在の状況や感情からの変化、そして新しい日がもたらす新たな可能性や感情を待ち望む心境を表しています。)

スポンサーリンク

[Aメロ2]
Snow still falling, friends are calling
雪はまだ降り続け、友達が声をかけてくる

Bringing laughter and good cheer

笑いと良い気分を運んで
(Laughter – 笑い。楽しみや喜びの表現。)

Wine is flowing and another year’s gone by

ワインを仲間と飲み、あっという間に一年が過ぎ去った

Nothing’s changed but life keeps changing

何も変わらなくても 人生は変わり続ける
(Life keeps changing – 人生は絶えず変わり続ける。時間の経過とともに生じる人生の変化を示しています。)

Some say hello, somе say goodbye

ある人は「こんにちは」と言い、ある人は「さようなら」と言う

It’s the memories that keep me warm tonight

思い出が今夜も僕を温めてくれる


[サビ]
Oh, it’s a beautiful day
ああ、美しい日だ

We’ll give thanks and we’ll pray

感謝し、祈りを捧げよう

For every blessing and the dreams that came true

叶った夢と、与えられたすべての祝福に感謝して

Oh, it’s a beautiful night

ああ、美しい夜だ

But I can’t wait for first light
でも、夜明けが待ち遠しい
(この表現は、現在の美しさや幸せを認識しつつも、新しい朝、つまり新しい始まりや変化への強い願望を示しています)

When that sky will shine a different kind of blue
空がまた違った青さで輝く時が待ち遠しいよ
(この表現は、現在の状況や感情からの変化、そして新しい日がもたらす新たな可能性や感情を待ち望む心境を表しています。)

This year Christmas isn’t Christmas without you
ああ、君がいなければクリスマスはクリスマスじゃない


[ブリッジ]
How am I supposed to let you go?
どうすれば君を手放せる?

You’re the only thing I’ve ever known

僕は君しか知らないんだ

You’re the reason that I keep holding on

君がいるから僕は頑張れる

Now who’s strong and who’s afraid?

誰が強くて 誰が怖い?

Tomorrow won’t be yesterday

明日は昨日とは違う

Tomorrow just can’t be like yesterday

明日は昨日のようにはならない


[アウトロ]
Fancy paper, pretty ribbons
鮮やかな包装紙、美しいリボンで

Promise me you’ll come home soon
すぐに帰ってくると約束して

‘Cause Christmas isn’t Christmas without you

だって、君がいなければクリスマスはクリスマスじゃないから

Oh, Christmas isn’t Christmas without you

ああ、君がいなければクリスマスはクリスマスじゃない

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました