Vaundy – タイムパラドックス 歌詞(意味考察・解説)『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』主題歌

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Vaundy – タイムパラドックス 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Vaundy – タイムパラドックス 歌詞

あのね 君と出会ったことを今でも

ずっと覚えているけど


でもね それは ずっと先の
未来の話を

横で見てみたいなの

もしも 君の願い1つ叶うとする 未来変えるとする




いや あのね 僕のポケットの未来を覗いて


きっと笑ってくれるから


これは いつか この先出会うあなたの痛み1つ拭う魔法

スポンサーリンク

僕らの抱えてる魔法には

いつも1つ小さな秘密があって

どうしても1人じゃ使えないのさ


だから 聞いて




ねえ あのね 君のポケットの未来を覗いて

きっと笑ってくれるから


これはいつかこの先出会う


あなたの痛み1つ拭う魔法



ねえ ほら 閉まっておきなよ


どうしても 拭えない痛みが


君を襲いかかる時が来るさ

そんな時は君のその魔法の力を
となえてみて

スポンサーリンク

ねえ あのね 僕のポケットの未来の君はね

いつも 笑っているんだよ


だから 君のポケットの未来の僕もね


笑っててほしいから


ねえ 
笑っててほしいから

ねえ 
笑っててくれよ

Vaundy – タイムパラドックス 意味考察・解説

Vaundy(バウンディ)の新曲、 タイムパラドックスは2024年3月1日(金)公開の『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』の主題歌に決定している!
Vaundy(バウンディ)初の書き下ろしアニメ映画主題歌となるタイムパラドックスは1月6日(土)17:00〜放送のTVアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)でいち早くオンエアされることも決定している。

<Vaundy コメント>
毎年映画館へ観に行っていた作品に自分が参加できるなんて。
目標のひとつが叶って子供の頃の僕が報われました。
「タイムパラドックス」は、今これを映画館で観る子供たちにとって、20 年後も思い出深い曲になってるといいなと思って書いた曲です。
最小限の音数で硬度のあるポップスを作ることを意識しながら曲を考えるのが大変でしたが、シンプルで子供の耳にも聞き馴染みがよく、大人になっても深掘りできる音楽構成になったと思っています。
時代を越えて長く楽しんでもらえる楽曲になったら嬉しいです。

Vaundy(バウンディ)の新曲、 タイムパラドックスの歌詞の内容は、未来についての深い想いと、大切な人との関係を描いたものです。歌詞の中で、歌い手は過去の出会いを振り返り、共に過ごす未来を夢見ています。
彼らはお互いの「ポケットの未来」を覗き、そこで見る景色について語り合います。ここでの「ポケットの未来」とは、それぞれが秘めている希望や夢、そして不安や悩みを象徴しているようです。
 
歌詞には「魔法」というキーワードが繰り返し登場し、これはお互いの苦痛や悩みを和らげる力を指していると解釈できます。しかし、この魔法は一人では使えず、共にいることでその効果が発揮されることが示唆されています。

Vaundy(バウンディ)は、どんな困難が訪れても、お互いが支え合い、笑顔でいられることを願っています。
結局、彼らの関係の強さが、未来の不確実性や苦難に立ち向かう鍵となっているのです。この歌詞は、希望、支え合い、そして共に成長することの重要性を美しく表現しています。

スポンサーリンク

Vaundyの違う曲の歌詞和訳

《歌詞和訳》ZERO, Vaundy(バウンディ)

《歌詞》トドメの一撃, Vaundy(バウンディ)ふりがな付き

《歌詞》呼吸のように, Vaundy(バウンディ)ふりがな付き

《歌詞》NEO JAPAN, Vaundy(バウンディ)ふりがな付き

《歌詞》黒子, Vaundy(バウンディ)ふりがな付き

​​《歌詞和訳》replica, Vaundy(バウンディ)ふりがな付き​​

《歌詞》1リッター分の愛をこめて, Vaundy(バウンディ)ふりがな付き

Vaundy – タイムパラドックス サムネ画像

Vaundy タイムパラドックス 画像

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました