MAISONdes – ロックオン feat. はしメロ, 巡巡 歌詞(意味考察)TVアニメ『うる星やつら』オープニング主題歌

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MAISONdes – ロックオン feat. はしメロ, 巡巡 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

MAISONdes – ロックオン feat. はしメロ, 巡巡 歌詞

ねえ聞いて

辛いんだもう 心がもう


繋いで離れられない


見つめ合ってまた絡まって解け


射止めるまで


人間なんて愚かね 想像で象って

当然だって思わないで愛していて


だんだん恋しくなるね 本当の内を晒して


格好つけて隠したってバレてるから


そのまんまでいい 変わんないでいい

もう知ってるし強がんないでよ


少しくらい見せてもいいじゃない


でもなんだかな


淋しいとか呟いたって茶化すんでしょ


なんでもっとちゃんと見てくれないのかな

スポンサーリンク

ねえ聞いて

辛いんだもう 心がもう


繋いで離れられない


見つめ合ってまた絡まって解け


気持ちに気づいた


足りないよもう 2人がいい


笑い合って生きたいの


求め合ってまた失って分かる


進めるだけ


何年経っても覚えて

いてくれるあなたが大好きで


当然だって思わないで愛してるよ


虎視眈々と狙い撃ち


今度は手放さないで


目移りするなら飛び去ってしまうかもしれない


何万回だって呼んであげる

こんな私を掴んで欲しいの


カンカンに怒った日もあるけど


気にしてないの

スポンサーリンク

分からないのだけれど

きっと愛になる愛になるんだ


そんな気がした 素直でいいかもね


今どんな顔で笑っているか確かめたいんだ


わがままなお願い


ねえ聞いて

辛いんだもう 心がもう


繋いで離れられない


見つめ合ってまた絡まって解け


気持ちに気づいた


足りないよもう 2人がいい


笑い合って生きたいの


求め合ってまた失って分かる


これが私の愛だ!


届いたかな


撃ち抜くことも

ままならないけれども


最高じゃない? 君にもさ


忘れらんないって言わせたいの


それが何年先の未来でもいいの


聴けるのなら

MAISONdes – ロックオン feat. はしメロ, 巡巡 意味考察・解説

TVアニメ『うる星やつら』ノンクレジットオープニング主題歌 MAISONdes(メゾン・デ)の新曲、ロックオン feat. はしメロ, 巡巡の歌詞&意味考察・解説。

MAISONdes(メゾン・デ)の新曲、ロックオン feat. はしメロ, 巡巡の歌詞は、愛と絆についての複雑な感情を描いています。歌詞全体を通して、愛に対する深い感情、つながりの必要性、そして愛する人との関係の複雑さが表現されています。

1番目の節では、話者が心の痛みを訴えており、愛する人との強い結びつきを感じています。相手との深い見つめ合いや絡み合いが、情熱的な愛を象徴しています。

2番目の節では、人間の愚かさと、愛における予想外の側面に焦点を当てています。話者は、外見だけでなく、内面をさらけ出して愛されたいと願っています。相手が話者の真の姿を見てほしいという願望が表現されています。

3番目の節では、時間が経過しても、愛情が変わらないことを願う話者の心情が描かれています。長期的な関係における愛の強さと、一緒にいたいという願いが伝えられています。

4番目の節では、愛情の表現がさらに強調されています。話者は、愛が深まる過程と、その愛がどのように成熟していくかを考えています。また、自己表現の大切さと、相手に対する真の感情の共有を願っています。

最後の節では、話者は愛の強さを再確認し、その愛が未来にも続くことを望んでいます。この節は、愛の永続性と、それを守るための決意を示しています。

全体を通して、この歌詞は愛の複雑さ、それに伴う情熱と痛み、そして真のつながりと理解を求める人間の普遍的な願いを表現しています。

スポンサーリンク

MAISONdes – ロックオン feat. はしメロ, 巡巡 クレジット

作詞作曲者:巡巡

MAISONdes – ロックオン feat. はしメロ, 巡巡 サムネ画像

MAISONdes - ロックオン feat. はしメロ, 巡巡 画像

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました