Bon Jovi – Legendary 歌詞和訳(意味考察)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Bon Jovi – Legendary MV


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Bon Jovi – Legendary 歌詞和訳

[イントロ]
(Oh, oh, oh, oh)

[Aメロ1]
Who are you and who am I
僕たちは誰で、

To think that we could ever fly?

何を信じてこの空を飛ぶ夢を見る?

It don’t pay to even try
Work, get paid, and just get by

試みる価値さえ見出せない、ただ働いて生きるだけ。
(get by:「何とかやっていく」。生活を維持するための最低限の努力や収入を指し、厳しい現実や経済的な苦労を暗示しています。)

Sons of sons, bricks on bricks

家から家へ受け継がれる責任、
(sons of sons:「息子の息子たち」。世代から世代へと続く家族の繋がりや伝統を示しています。)
(bricks on bricks:「煉瓦の上の煉瓦」。努力や成果を積み重ねる様子や、固定された社会の構造を指す可能性があります。)

What’s broken you don’t try to fix

壊れたものに目を向けず、

‘Round here, there ain’t no whys and ifs

この場所では、理由も可能性も問われない、

You don’t pick up what you can’t lift

力及ばぬものは手に取らない。
(※人生の限界に直面しつつも、その中での小さな喜びや満足を見つけることの重要性を訴えかけています。夢を追うことの虚無感や、現実に根ざした生活の価値を浮き彫りにしながら、自分たちの存在とその意味を探求しているのです。)


[プレコーラス]
I raise my hands up to the sky
空へと手を伸ばし、ただ生きる喜びを感じる

Don’t need more to tell me I’m alive

他に何も要らない、この瞬間が僕を生きていると実感させる


[サビ]
Got what I want ‘cause I got what I need
必要なものがあれば、望むものはすべて手に入る

Got a fistful of friends that’ll stand up for me

困ったときにはいつでも背中を押してくれる友がいる
(fistful:「一握りの」。少数でも価値のあるもの、ここでは信頼できる友人を指しており、その重要性や人間関係の深さを強調しています。)

Right where I am is where I wanna be

今この場所にいることが、何よりも幸せ

Friday night comes around like a song

金曜の夜はいつも歌と笑顔で溢れ、

Sweet Caroline,” and we all sing along

「Sweet Caroline」をみんなで口ずさむんだ
(Sweet Caroline:「スウィート・キャロライン」。親密さや共有された瞬間の喜びを象徴する曲名です。)

Got my brown-eyed girl, and she believes in me

茶色い瞳をした彼女がいて、彼女は僕のことを信じてくれる

Legendary

まさに伝説のような人生だ
(Legendary:「伝説のように」。卓越した存在や、記憶に残るような人生を送ることを意味します。)

スポンサーリンク

[Aメロ2]
I know this town like the back of my hand
この街のことは手のひらのように知っている

Every crack in the sidewalk tells me who I am

歩道のひび割れが、僕が誰であるか教えてくれる

“Live and you love” is the law of the land

「この地で生き、愛すること」それが僕たちの掟

These are our dreams, that’s where we stand

ここにある夢、僕たちはここにいる


[プレコーラス]
I raise my hands up to the sky
空へと手を伸ばし、ただ生きる喜びを感じる

Don’t need more to tell me I’m alive

他に何も要らない、この瞬間が僕を生きていると実感させる


[サビ]
Got what I want ‘cause I got what I need
必要なものがあれば、望むものはすべて手に入る

Got a fistful of friends that’ll stand up for me

困ったときにはいつでも背中を押してくれる友がいる

Right where I am is where I wanna be

今この場所にいることが、何よりも幸せ

Friday night comes around like a song

金曜の夜はいつも歌と笑顔で溢れ、

“Sweet Caroline,” and we all sing along

「Sweet Caroline」をみんなで口ずさむんだ

Got my brown-eyed girl, and she believes in me

茶色い瞳をした彼女がいて、彼女は僕のことを信じてくれる

Legendary

まさに伝説のような人生だ


[ポストコーラス]
(Oh, oh, oh, oh)

スポンサーリンク

[ブリッジ]
Who are you and who am I
僕たちは一体誰で、

To think that we could ever fly?

どうして空を飛べると思ったのだろう?


[サビ]
Got what I want ‘cause I got what I need
必要なものがあれば、望むものはすべて手に入る

Got a fistful of friends that’ll stand up for me

困ったときにはいつでも背中を押してくれる友がいる

Right where I am is where I wanna be

今この場所にいることが、何よりも幸せ

Friday night comes around like a song

金曜の夜はいつも歌と笑顔で溢れ、

“Sweet Caroline,” and we all sing along

「Sweet Caroline」をみんなで口ずさむんだ

Got my brown-eyed girl, and she believes in me

茶色い瞳をした彼女がいて、彼女は僕のことを信じてくれる

Legendary

まさに伝説のような人生だ


[ポストコーラス]
(Oh, oh, oh, oh)

Legendary

まさに伝説のような人生だ

(Oh, oh, oh, oh)

スポンサーリンク

Bon Jovi – Legendary 意味考察・解説

アメリカ合衆国 ニュージャージー州出身のロックバンドで全米を代表するハードロック・グループの一つ、Bon Jovi(ボン・ジョビ)の新曲、Legendary(レジェンダリー)の歌詞和訳&意味考察・解説。

Bon Jovi(ボン・ジョビ)の新曲、Legendary(レジェンダリー)の歌詞は、日常生活の挑戦と制約の中で見つけた小さな喜びや、深い人間関係の価値を祝福する物語を紡いでいます。自分とは何者か、そして夢を追い求める意味について問いかけることから始まりますが、現実はしばしば私たちの野心に冷たいものであることを認めざるを得ません。それでもなお、この歌は、身近な人々との絆や、自分がいるべき場所での満足感を見出すことの美しさを称賛しています。

歌詞では、労働の繰り返しや日々の生活の苦労を通じて、人生の単純ながらも重要な喜び—友情、愛、コミュニティへの帰属感—を見出すことの価値を強調しています。金曜日の夜に友人や恋人と共に過ごす時間、共有された歌や経験は、人生の重圧を和らげ、存在の意味を再確認させてくれます。

また、自分の居場所やアイデンティティを深く理解し、その中で平和と満足を見つけることの重要性が強調されています。街の隅々、自分の生活の一部となった小さな詳細が、自己認識の源となることが歌われています。「生きて愛す」という簡潔ながらも力強いメッセージは、人生を豊かにする根本的な価値観を示しています。

この歌詞全体は、日々の生活の中で見つけることができる、単純ながらも本質的な喜びや人間関係の深さを讃えるオードです。それは、地に足をつけ、現実の中での小さな勝利や幸せを大切にすることの価値を讃えています。最終的に、これらの経験が積み重なり、人生を「伝説のように」価値あるものに変える力を持っているというメッセージを伝えています。

スポンサーリンク

Bon Joviの違う曲の歌詞和訳

Bon Jovi – Living Proof 歌詞和訳(意味考察)

《歌詞和訳》Christmas Isn’t Christmas, Bon Jovi(ボン・ジョビ)

Bon Jovi – Legendary サムネ画像

Bon Jovi Image

コメント

error: 申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました