Uru – アンビバレント 歌詞(意味考察)『薬屋のひとりごと』第2クールOP主題歌

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Uru – アンビバレント 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Uru – アンビバレント 歌詞

いつだって君は 恐れを知らず

好きなものに 夢中な猫みたいで


君が眩しく感じるのは 

きっと僕が君を見てたから


刺激的な思考回路


惹かれていく


碧い、碧い、その瞳に僕はまだ映らない

君は今日もいつもの君のまま


揺れる、揺れる、この気持ちはどこかにしまったまま


今はここでただ横顔を見てる

スポンサーリンク

酸いも甘いも知ってるフリをして

型にハマった 窮屈な日々の中


見慣れていたこの景色に

新しい風が吹き込んだような


刺激的なその存在


惹かれていく


碧い、碧い、その瞳は僕をまだ映さない

こんなにもすぐそばにいるけれど


混ざり合わない二人の距離 痛むのは僕だけ


今はここでただ横顔を見てる


何かに躓いた時には

君ならどうするかな、なんて思ったり


もう少しやってみようなんてさ


思えたりするんだよ、おかしいね


僕は気付いてる


碧い、碧い、その瞳に僕は映らないけど

君はいつも笑っていて欲しい


好きなことにときめいていて


そう、僕はいつだって


きっとそのままの君が好きなんだ

スポンサーリンク

Uru – アンビバレント 意味考察・解説

TVアニメ『薬屋のひとりごと』第2クールオープニングテーマに決定している、Uru(ウル)の新曲、アンビバレントの意味考察・解説。

Uru(ウル)の新曲、アンビバレントの歌詞は、恋に落ちた人の心情を描いています。登場人物は自分の感情を抱えながら、愛する人(ここでは「君」と表現されている)を遠くから見つめている様子が歌われています。

君は恐れを知らず、夢中になれるものに対して情熱的で、その姿が猫のように自由であることが表現されています。この愛する人の輝く姿に、登場人物は強く惹かれ、その存在が日常に新鮮な風を吹き込むと感じています。

しかし、この感情はまだ相手には伝わっていない状況です。相手の碧い瞳には自分が映っておらず、二人の間には距離があるように感じられます。それでも、登場人物は相手の幸せを願い、そのままの姿を愛しています。

この歌詞は、未練がましくも純粋な一方的な恋心を描いており、相手に対する深い思いやりと、自分の感情に対する葛藤が感じられます。相手の幸せを願う心情と、自分の想いが届かないもどかしさが同時に表現されているのが特徴です。

スポンサーリンク

Uruの違う曲の歌詞

《歌詞》君の幸せを, Uru(ふりがな、意味、解説)

Uru – アンビバレント クレジット

作詞:Uru
作曲:YAS

Uru – アンビバレント サムネ画像

Uru image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました