《歌詞和訳》Perfume, NCT DOJAEJUNG(NCT・ドジェジョン)

スポンサーリンク

韓国、ソウル出身のボーイバンド、NCT DOJAEJUNG(NCT・ドジェジョン)の新曲、Perfume(パヒューム)の和訳。

全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

スポンサーリンク

Perfume
パフューム

NCT DOJAEJUNGNCT・ドジェジョン

[Aメロ1]
Ayy, 너의 하룰 향기롭게 꾸며 줄게
きみの1日をかぐわしくしてあげる
 
걸음 끝에, 내 이름이 떠오르게
歩みの先に、僕の名前が浮かぶように

네 숨결에 스미고
きみの息に溶け込み

코 끝에서 맴돌게 해

鼻先で漂わせる
 
내 맘이 각인되게

きみの心に刻まれるように

잔향까지 오래

残り香までずっと続くように



[プリコーラス]
달아 널 생각하는 나의 향은
きみを想うぼくの香りは甘い

담아 선명한 내 흔적들을

鮮明なぼくの痕跡を込めて


[Chorus: All]
손목 위에 난-ah-ah-ah
手首の上にぼくは

옷깃 위에 난-ah-ah-ah

襟の上にぼくは

남겨두려 해

残そうとしている

나를 잊을 수 없게

ぼくを忘れられないように

작은 숨결까지

小さな息づかいまでに

파고들어 난-ah-ah-ah

入り込む、ぼくは

スポンサーリンク

[Aメロ2]
방안에 공기에도 (Woo)
部屋中の空気にも

널 위한 내 맘을 풍겨

ぼくのきみへの想いを漂わす

네 온긴 내 것이 돼

きみのぬくもりはぼくのものになる

Everytime is paradise, yeah

いつだって楽園、そうだ

긴 시간이 흘러도

長い時間が経っても

질릴 수가 없으니까

飽きることはないから

처음 느낀 경험일 걸

始めた経験のはず

솔직해져, baby

素直になって、ベイビー


[プリコーラス]
좋아 내 순간들에 있는 네가
好きだ、僕の瞬間にいる君が

Tonight, 빈틈 없이 빠져들어

今夜、隙間もなくのめり込む


[サビ]
손목 위에 난-ah-ah-ah
手首の上にぼくは

옷깃 위에 난-ah-ah-ah

襟の上にぼくは

남겨두려 해

残そうとしている

나를 잊을 수 없게

ぼくを忘れられないように

작은 숨결까지

小さな息づかいまでに

파고들어 난-ah-ah-ah

入り込む、ぼくは


[ブリッジ]
Baby I’m, baby I’m
ベイビー、ぼくは

Baby I’m comfortable with you (You know that I)

ベイビー、きみといると落ち着くんだ

And you comfortable with me (I know that you)

そしてきみもぼくと一緒にいると落ち着くでしょ

두 눈을 맞추면 (맞추면)

目を合わせると

더 선명해질 테니

より鮮明になるから

Yeah, yeah, that’s me

そう、そう、それがぼく

짙은 농도에 (Oh yeah)

濃い濃度に

정신이 혼미해 (Love you)

気が遠くなる

호흡마저 향기로워

呼吸さえ香り高い

너를 보면 모두가 다, 나를 떠올려

きみを見ると誰もがぼくを思い浮かべる

Yeah, 한 방울 drip, drop (Drip, drop)

そう、一滴ポタポタと落ちる

나를 기억 속에 흔적을 남겨 (남겨)

きみの記憶の中に傷跡を残す

시간 지날수록 더 뚜렷해져

時間が経つほどもっとはっきりしてくる

네 주위를 맴돌아, 24 up, woah-woah

きみの周りを漂う、24時間ずっと


[ブリッジ2]
Hold tight, 서로의 맘을 확인한 밤
しっかり掴まってて、お互いの心を確かめた夜

Oh, 난 이미 스며든 것 같아

ああ、ぼくはすでに溶け込んでいるみたい

이제 확실히 알아

今でははっきり分かる

난 감각이 깨어나

ぼくの感覚が目覚める

다시 한번 깊이 새겨 (Woah-woah)

もう一度深く刻みつける


[サビ]
손목 위에 난-ah-ah-ah
手首の上にぼくは

옷깃 위에 난-ah-ah-ah

襟の上にぼくは

남겨두려 해

残そうとしている

나를 잊을 수 없게

ぼくを忘れられないように

작은 숨결까지

小さな息づかいまでに

파고들어 난-ah-ah-ah

入り込む、ぼくは


【その他、KPOPアーティストの和訳⏬】
KPOPアーティスト和訳一覧

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました