《歌詞》涙はどこから来るのだろう, ハルカミライ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

涙はどこから来るのだろう – ハルカミライ 動画・音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

涙はどこから来るのだろう – ハルカミライ 意味&解説

東京、八王子出身のロックロックバンド、ハルカミライが、彼らの最新曲「涙はどこから来るのだろう」をYouTubeで独占的にリリースしました。

歌詞の内容は、喪失と想い出についての深い感情を表現しています。涙がどこから来るのか、という疑問から始まり、過去の記憶や特定の人物への感情が浮かび上がります。特に「涙はどこから来るのだろう」というフレーズは、内省的で感情的な深さを持っています。

歌詞全体を通して、過去の愛情や失われた瞬間への憧れが随所に見られます。「tears in flare」という繰り返されるフレーズは、感情の強烈さとその美しさを象徴しているようです。また、「風が吹いたのは」「焼き付くほどだった」という表現は、過去の感情や記憶が今も強く心に残っていることを示しています。

「退屈そうな月」や「秋の空へと向かう」といった自然の描写は、季節の移り変わりや時間の流れを象徴し、過去への郷愁を感じさせます。また、失われた愛情に対する深い憧れや、時代に逆らいたいという切望が「あの美しい歌声よりもその声が聴けたら」という部分から伝わってきます。

全体として、この歌詞は失われた愛や過去への懐かしさ、そして時間の流れとそれに伴う変化への対応を描いています。感情の高まりと落ち着きが交互に現れ、内省的で感傷的な雰囲気を生み出しています。

涙はどこから来るのだろう – ハルカミライ 歌詞

涙はどこから来るのだろう 来るのだろう
永遠と
はかなさの狭間はざま彷徨さまようけど
今夜は月がよく見える


涙はどこから来るのだろう
夜の
またたきをいくつ超えればいいの
流れる雲に
あこがれてた
あの頃の君を思い出した夜


tears in flare. (とてもまぶしくて)
風が吹いたのは
tears in flare. (焼き付くほどだった)
終わりと始まりの知らせ
tears in flare. (それでも目を閉じなかった)
退屈たいくつそうな月が雲に隠れて 秋の空へと向かう


flare in my tears. (君が体の中を流れた)


あの美しい歌声よりもその声が聴けたら
不意ふいおどろく声やほんの咳払せきばらいとか
それだけで ah
本当だよサリア 叶わないのサリア


tears in flare. (とても眩しくて)
髪の色は変えたかい
tears in flare. (焼き付くほどだった)
歩き疲れてしまったかい
tears in flare. (じゃあ先に行くよ)
退屈そうな月に
いのりをささげる
眠ってていいよ


あの美しい歌声よりもその声が聴けたら
タバコの匂いと君の匂い
このまま時代に逆らってたい
夢じゃないなサリア
永遠とはかなさの狭間はざま彷徨さまようけど


それでも僕のサリア

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました