Five New Old – Showdown 歌詞和訳(意味考察)TVアニメ「HIGH CARD season 2」OP

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Five New Old – Showdown 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Five New Old – Showdown 歌詞和訳

どうしようもない

正解のない世界でも


運命の Showdown

(Showdown – 対決、決定的な試合や出来事を意味し、この歌詞では自分の運命との決定的な対面を象徴しています。)

ほら 光る先へ 駆け抜けていけ


Oh Oh Oh Oh Oh
Oh Oh Oh Oh Oh


Everytime they push me around
何度押しのけられても

I have a big smile on my face

僕の顔には大きな笑顔がある

And think about how I can make it through

どうやって乗り越えるか考えるだけなんだ

進まない時計の針は見飽きたよ もうこれで Goodbye


There ainʼ t no future in the past

過去に未来はない


張りぼての明日は Itʼ s like a paper moon
張りぼての明日は、紙の月のよう
(実体のない、偽りや表面的なもの)

くだらない ない ないが Saturation

(Saturation – 飽和、あるいは過剰。この歌詞では、くだらないことで満たされた状態を表しています。)

Just make me alive

ただ生き生きとさせてくれ


どうしようもない

ヤバめなほど 乗りこなしていたい


粋な Poker Face (Uh) 遊び足りないな


正解のない世界でも 信じたこの手で挑むよ


運命の Showdown


ほら 光る先へ駆け抜けていけ


溢れかえった正論に

溺れかけてる Broken Heart


イカサマに You can see the truth

イカサマの中に真実が見える

肥大したエゴに着せる服がない


隠し通せないよもう


狭まる視界を 染める Navy Blue

くれよ Bang Bang Bang で Motivation


Just make me alive

ただ生き生きとさせてくれ


Oh Oh Oh Oh Oh
Oh Oh Oh Oh Oh


You think Iʼ m crazy but thatʼ s the way I am

君は僕を変だと思うかもしれないけど、それが僕のスタイル

枠の外はみ出していこうぜ


You think Iʼ m crazy but thatʼ s the way I am

君は僕を変だと思うかもしれないけど、それが僕のスタイル

退屈も突き抜けていこうぜ


Oh my oh my oh my


I just wanna change the game

ゲームを変えたいだけ


どうしようもない

寄せ集めでも We can make it great

寄せ集めでも素晴らしいものに変えられる

果てぬ衝動で (Uh) つかみ取りたいんだ


正解のない世界でも 信じたこの手で挑むよ


運命の Showdown


ほら 光る先へ駆け抜けていけ


Oh Oh Oh Oh Oh
Oh Oh Oh Oh Oh


You think Iʼ m crazy but thatʼ s the way I am

君は僕を変だと思うかもしれないけど、それが僕のスタイル

退屈も突き抜けていこうぜ


Oh my oh my oh my


I just wanna change the game

ゲームを変えたいだけ


Showdown
Showdown

(Showdown – 対決、決定的な試合や出来事を意味し、この歌詞では自分の運命との決定的な対面を象徴しています。)

Five New Old – Showdown 意味考察・解説

神戸出身のバンド、Five New Old(ファイブ・ニュー・オールド)の新曲、Showdown(ショーダウン)の意味考察・解説。
TVアニメ「HIGH CARD season 2」オープニング主題歌に決定している。

Five New Old(ファイブ・ニュー・オールド)の新曲、Showdown(ショーダウン)の歌詞は、自分自身の限界や社会の枠組みを超えて、自分の道を切り開く強さと自信について歌っています。定義された「正解」が存在しない世界で、自分の信念に基づいて行動し、運命に立ち向かう姿勢を示しています。これは、挫折や困難に直面したときに、それらを乗り越え、自分自身を信じて前進し続けることの重要性を強調しています。

曲の中で、「運命のShowdown」や「光る先へ駆け抜けていけ」といったフレーズは、人生の困難や挑戦に直面した際の決断の瞬間を象徴しています。また、「進まない時計の針は見飽きたよ もうこれでGoodbye」という部分は、過去に囚われず、新しい未来に向かって進む決意を表しています。

「張りぼての明日はIt’s like a paper moon」という歌詞は、表面だけの虚偽や偽りを象徴し、それを超えて本物の自分を見つけることの重要性を語っています。また、「溺れかけてるBroken Heart」や「肥大したエゴに着せる服がない」などの表現は、内面的な葛藤や自己認識の問題に直面していることを示しています。

全体として、この歌詞は自己発見と自己超越の旅を描いており、自分自身を信じ、どんな困難にも立ち向かう勇気を持つことの大切さを伝えています。自分の信じる道を進むこと、そして変化を恐れずに新しい挑戦に立ち向かうことの意義を歌っているのです。

スポンサーリンク

Five New Old – Showdown クレジット

作詞:Hiroshi Nakahara・Jamil Kazmi
作曲:Hayato Yamamoto・FIVE NEW OLD

Five New Old – Showdown サムネ画像

FIve New Old image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました