スポンサーリンク

【英詩和訳】Seventeen Going Under, Sam Fender(サム・フェンダー)

2, ヨーロッパ出身アーティスト

イングランド、ノース・シールズ出身のシンガーソングライター、Sam Fender(サム・フェンダー)の楽曲、Seventeen Going Underの和訳。

BBCが期待の新人を選出する「Sound Of 2018」にノミネートされた UK出身の24才のシンガー・ソングライター。
伸びやかなヴォーカルとメロディー、フックの融合が心地よいサウンドはもちろん、最新EPからのシングル「デッド・ボーイズ」では自殺問題について歌うなど社会問題を反映したテーマや歌詞にも注目が集まっている。
レディング・フェスティバル、リーズ・フェスティバル等の大型フェスへの出演も含め年間を通じた精力的なライヴで支持を拡大、ロンドン公演は発表から24時間以内でチケットが完売するなど話題に。2018年10月から年末にかけて開催されている全英ツアーは既に全16公演が完売している。
今話題沸騰中のシンガーソングライター、Sam FenderのSeventeen Going Underの和訳。
イギリスは飯がまずく、天気が一年中悪い。なので人々は病んでいるんです笑
でもその病みから出るアートであったり、楽曲は人々を惹きつける魅力があります。
そんなイギリスが排出した期待の病んでいる系シンガー、サム・フェンダー。今キテます!!


Seventeen Going Under

[Verse 1]
I remember the sickness was forever
あの病気は不治の病だったことは覚えているよ

I remember snuff videos
スナッフフィルを思い出すよ(娯楽用途に流通させる目的で行われた実際の殺人の様子を撮影した映像作品を指す俗語)

Cold Septembers, the distances we covered
寒い9月、俺たちが補ったこの距離

The fist fights on the beach
ビーチでの殴り合い

The Bizzies round us up
警察に囲まれた

Do it all again next week
また来週やろうぜ

An embryonic love
胎動する愛

The first time that it scarred
初めての傷は

Embarrass yourself for someone
誰かのために自分を恥じて

Cryin’ like a child
子供のように泣いて

And the boy who kicked Tom’s head in
トムの頭を蹴った少年は

Still bugs me now
今でも気になるんだ

That’s the thing, it lingers
そのような物事は長引くもんなんだ

And claws you when you’re down
落ち込んでいる時に、更に追い込まれるんだ

[Verse 2]
I was far too scared to hit him
彼をブツなんて怖くてできなかった

But I would hit him in a heartbeat now
でも今ならすぐにでも殴ってやりたいね

That’s the thing with anger, it begs to stick around
怒りの感情は消えずに残っていて

So it can fleece you of your beauty
だからそのような感情は君の美しさを奪うんだ

And leave you spent with nowt to offer
何も与えずに使い捨てる

Makes you hurt the ones who love you
自分を愛してくれる人を傷つけてしまうんだ

[Chorus]
You hurt them like they’re nothin’ (Oh-ooh-oh-oh-oh, oh-oh-oh)
You hurt them like they’re nothin’ (Oh-ooh-oh-oh-oh, oh-oh-oh)
You hurt them like they’re nothin’ (Oh-ooh-oh-oh-oh, oh-oh-oh)
君は彼らが何でもないように彼らを傷つける

[Verse 3]
See, I spent my teens enraged, spirallin’ in silence
10代の頃の俺は怒り狂っていた 沈黙のスパイラルに陥っていた

And I armed myself with a grin
笑顔で自分を武装した

‘Cause I was always the fuckin’ joker
僕はいつもジョーカーだったから

Buried in their humour amongst the white noise and boys’ boys
ホワイトノイズとボーイズボーイズの中で彼らのユーモアに埋もれた

Locker room talkin’ lads’ lads
ロッカールームではしゃぐ若者たち

Drenched in cheap drink and snide fags
安酒と悪趣味なタバコにまみれて

A mirrored picture of my old man
俺の親父の鏡のようだ

Oh God, the kid’s a dab hand
ああ、この子は器用だな

Canny chanter, but he looks sad
喋るのは得意だが 悲しそうだ

[Chorus]
God, the kid looks so sad (Oh-ooh-oh-oh-oh, oh-oh-oh)
(Oh-ooh-oh-oh-oh, oh-oh-oh)
神よ、あの子はとても悲しそうだ

[Bridge]
She said the debt, the debt, the debt
彼女が言ったのは借金、借金、借金

So I thought about shifting gear
だから僕はギアを変えようと思った

And how she wept and wept and wept
彼女は泣いて泣いて泣きまくったよ

Well, luck came and died ‘round here
運が巡ってきてここで死んだんだ

I see my mother, the DWP see a number
私には母が見え、年金受給者には番号が見える

She cries on the floor encumbered
彼女は床にひざまつき泣いているよ

[Chorus]
I’m seventeen goin’ under
I’m seventeen goin’ under (Oh-ooh-oh-oh-oh, oh-oh-oh)
I’m seventeen goin’ under (Oh-ooh-oh-oh-oh, oh-oh-oh)
I’m seventeen goin’ under (Oh-ooh-oh-oh-oh, oh-oh-oh)
I’m seventeen goin’ under
俺は17歳、生きるのが苦しいよ

タイトルとURLをコピーしました