スポンサーリンク

【英詩和訳】2011, 5 Seconds Of Summer(ファイブ・セカンド・オブ・サマー)

4, オセアニア出身アーティスト

オーストラリア、シドニー出身のポップ・ロックバンド5 Seconds Of Summer(ファイブ・セカンド・オブ・サマー)楽の曲、2011の和訳。

過去にOne Direction(ワンダイレクション)の日本公演の前座務めたオーストラリア出身のボーイズバンド、5 Seconds Of Summer。
過去の曲はどちらかというと勢いがある歌詞だった印象だが、今作は違った内容に。
大人になる度に味わう挫折の数々。みなさんも経験してきたはずです。
彼らボーイズバンドも例外なく味わっているんだと思いました。
そんな悶々とした日々を歌詞にストレートに書ける彼らがどこか羨ましく、また自分も頑張ろうと背中を押してくれる曲になっていると思います。


2011

[Verse 1: Calum]
I miss the days when we were young and not too wise
俺たちが若くてバカばっかりしてた時が懐かしいよ

Only doin’ what felt right
気の向くままに生きれていたよな

With open hearts and open eyes
純真な心と目で

I miss the days before I second guessed my life
自分の人生を疑いもせずにいた頃が懐かしいよ

Wasn’t always asking why
常になぜとか聞いてなかったよな

I remember what it’s like
今でもその感覚は覚えているよ

[Pre-Chorus: Calum]
Maybe it’s just too late for the old me
年月がたって今の俺にはもう遅すぎるのかもしれない

Maybe there’s no point in holding on to something closely
何かにしがみついていても意味がないのかもしれない

I should let it go, I should let it fade
それを手放すべきだよな、徐々に消していくべきだ

‘Cause nothing lasts forever and nothing stays the same
だって何も最後には残らない、そして変わらないものなどないんだ

[Chorus: Michael with All & Ashton]
Why do we complicate it?
どうしてそんなに複雑なの?

Why do we get so jaded?
どうしてそんなに疲れるの?

Can we just go back, go back to 2011?
2011年ごろにただ戻りたいんだ

(Can we go back?)
Why do we ruin our dreams?
どうして俺たちの夢を台無しにしなければいけないの?

Why do we sabotage things?
どうして、俺たちは物事を妨害してしまうだろう?

Can we just go back, go back to 2011?
(Can we go back) to 2011?
2011年ごろにただ戻りたいんだ

[Verse 2: Calum & Michael]
I miss the days when we could live outside our heads
頭の中だけで生きていた頃が懐かしい

Before we were our nervous wrecks
俺たちが神経質になる前だね

That’s the thing about regret
それが後悔というものだ

We used to talk about our lives
自分の人生についてよく話し合ったものだ

And all the things we didn’t have
持っていないものを全部持っていた

We fantasized about the future
未来のことを考えていたけど

But now we dream about the past
でも、今は過去の夢を見ている

[Pre-Chorus: Calum]
Maybe it’s just too late for the old me
年月がたって今の俺にはもう遅すぎるのかもしれない

Maybe there’s no point in holding on to something closely
何かにしがみついていても意味がないのかもしれない

I should let it go, I should let it fade
それを手放すべきだよな、徐々に消していくべきだ

‘Cause nothing lasts forever and nothing stays the same
だって何も最後には残らない、そして変わらないものなどないんだ

[Chorus: Calum with All & Ashton]
Why do we complicate it?
どうしてそんなに複雑なの?

Why do we get so jaded?
どうしてそんなに疲れるの?

Can we just go back, go back to 2011?
2011年ごろにただ戻りたいんだ

(Can we go back?)
Why do we ruin our dreams?
どうして俺たちの夢を台無しにしなければいけないの?

Why do we sabotage things?
どうして、俺たちは物事を妨害してしまうだろう?

Can we just go back, go back to 2011?
(Can we go back) to 2011?
2011年ごろにただ戻りたいんだ

[Bridge: Calum]
Back to the days when the days were better
Back to the days when the days were better
Back to the days when the days were better
Back to the days when the days were better
楽しかったあの頃に戻ろう

[Outro: Calum & Michael]
Back to the days when the days were better
(Back to the days when the days were better)
Back to the days when the days were better
(Back to the days when the days were better)
Back to the days when the days were better
(Back to the days when the days were better)
Back to the days when the days were better
(Back to the days when the days were better)
楽しかったあの頃に戻ろう

【5 Seconds of Summerの違う曲の和訳⏬】
【英詩和訳】Youngblood, 5 Second Of Summer(ファイヴセカンズオブサマー、5SOS)

【英詩和訳】Want You Back, 5 Seconds Of Summer (ファイヴセカンズオブサマー、5SOS)

【英詩和訳】Complete Mess, 5 Seconds Of Summer

タイトルとURLをコピーしました