スポンサーリンク

【英詩和訳】We Don’t Talk About Bruno (From “Encanto”), ミラベルと魔法だらけの家

1, 北米出身アーティスト

ディズニー映画”ミラベルと魔法だらけの家”の主題歌、 We Don’t Talk About Brunoの和訳。

[Chorus: Pepa]
We don’t talk about Bruno, no, no, no
ブルーノの話はしない、いや、しない、しない

We don’t talk about Bruno, but
ブルーノのことは話さないけど

[Verse 1: Pepa & Félix]
It was my wedding day (It was our wedding day)
それは私の結婚式の日だった

We were getting ready
私たちは準備をしていたんだ

And there wasn’t a cloud in the sky (No clouds allowed in the sky)
そして空には雲がなかった

Bruno walks in with a mischievous grin (Thunder)
ブルーノがいたずらっぽい笑みを浮かべて入ってくる

You’re telling the story or am I? (I’m sorry, mi vida, go on)
あなたが話しているのですか、それとも私?(♪ごめんよ、ミ・ヴィダ、続けてくれ)

Bruno says, “It looks like rain” (Why did he tell us?)
ブルーノが「雨のようだ」と言う(なぜ言ったのだろう?)

In doing so, he floods my brain (Abuela gets the umbrellas)
そうすることで、彼は私の脳を水浸しにする (アブエラが傘を手に入れる)

Married in a hurricane (What a joyous day, but anyway)
台風の中の結婚(なんて楽しい日なんだ、でもとにかく)

[Chorus: Pepa & Félix, Dolores]
We don’t talk about Bruno, no, no, no
ブルーノの話はしない、しない、しない

We don’t talk about Bruno (Hey)
ブルーノの話はしない(おい)

[Verse 2: Dolores & Camilo]
Grew to live in fear of Bruno stuttering or stumbling
ブルーノの吃音やつまずきに怯えながら生活するようになった

I can always hear him sort of muttering and mumbling
いつも彼のつぶやきが聞こえてくるようだ

I associate him with the sound of falling sand (Ch, ch, ch)
砂が落ちる音を連想する (Ch, ch, ch)

It’s a heavy lift with a gift so humbling
謙虚な気持ちになるような贈り物をすると、重い荷物になります。

Always left Abuela and the family fumbling
アブエラと家族はいつも手探り状態。

Grappling with prophecies they couldn’t understand
理解できない予言と格闘する

Do you understand?
わかりますか?

A seven-foot frame, rats along his back
身長170cmで背中にネズミがいるんだ

When he calls your name, it all fades to black
彼があなたの名前を呼ぶとき、すべてが黒く消え去る

Yeah, he sees your dreams and feasts on your screams (Hey)
そう、彼はあなたの夢を見て、あなたの悲鳴をごちそうになる(ヘイ)

[Chorus: Pepa & Félix, Dolores]
We don’t talk about Bruno, no, no, no
ブルーノの話はしない、しない、しない

We don’t talk about Bruno (Hey)
ブルーノの話はしない(おい)

[Verse 3: Ensemble, Townsperson 1, TP 2 & TP 3]
He told me my fish would die
魚が死ぬと言われた

The next day, dead (No, no)
次の日、死んでいる(ノー、ノー)

He told me I’d grow a gut
腹が出るって言われたけど

And just like he said (No, no)
そして、ちょうど彼が言ったように(いいえ、ありません)。

He said that all my hair would disappear
髪が全部なくなっちゃうって

Now, look at my head (No, no)
さあ、私の頭を見てください(違)。

Your fate is sealed when your prophecy is read
あなたの予言が読まれたとき、あなたの運命は封印される

[Verse 4: Isabela, Abuela & Dolores]
He told me that the life of my dreams
彼は私に夢のような人生を教えてくれた

Would be promised, and someday be mine
約束され、いつの日か私のものになる。

He told me that my power would grow
彼は私に、私の力が大きくなることを告げた

Like the grapes that thrive on the vine (Oye, Mariano’s on his way)
ブドウの木に実るように

He told me that the man of my dreams
彼は言った、私の夢の男は

Would be just out of reach, betrothed to another
手を伸ばせば届きそうなところにいて、別の人と結ばれている

It’s like I hear him, now (Hey sis)
今、彼の声が聞こえるような気がする (Hey sis)

I want not a sound out of you (It’s like I can hear him now)
私はあなたの音はいらない

I can hear him now
私は今、彼の声が聞こえる

[Verse 5: Mirabel, Camilo, Abuela & Isabela]
Um, Bruno
あの、ブルーノ

Yeah, about that Bruno
ああ あのブルーノのことだ

I really need to know about Bruno
ブルーノのことを本当に知りたい

Give me the truth and the whole truth, Bruno
真実を、ありのままに教えてくれ、ブルーノ

Isabela, your boyfriend’s here
イザベラ、ボーイフレンドが来たよ

Time for dinner
夕食の時間

[Verse 6]
[Camilo] A seven-foot frame, rats along his back
身長170センチ、背中にはネズミが

[Pepa] It was my wedding day
[Félix] It was our wedding day
それは私の結婚式の日だった

[Isabela] He told me that the life of my dreams
彼は私に夢のような人生を教えてくれました。

[Dolores] Grew to live in fear of Bruno stuttering or stumbling
ブルーノは吃音やつまずきを恐れながら生活するようになった

[Camilo] When he calls your name it all fades to black
彼があなたの名前を呼ぶと、すべてが黒くなる。

[Pepa] We were getting ready and there wasn’t a cloud in the sky
私たちは準備をしていて、空には雲一つありませんでした。

[Félix] No clouds allowed in the sky
空に雲は許されない

[Isabela] Would be promised and some day be mine
いつか私のものになると約束され

[Dolores] I can always hear him sort of muttering and mumbling
いつも彼のつぶやきが聞こえるの

I associate him with the sound of falling sand, ch-ch-ch
砂が落ちる音を連想させる、チッチッチッ

[Camilo] Yeah, he sees your dreams
彼は君の夢を見るんだ

[Pepa] Bruno walks in with a mischievous grin
ブルーノがいたずらっぽく笑いながら入ってきた。

[Isabela] He told me that my power would grow
彼は私の力が大きくなると言っていた

[Dolores] It’s a heavy lift with a gift so humbling
謙虚な気持ちを持つことは大切だ

[Camilo] And feasts on your screams
そして、あなたの悲鳴をごちそうになる。

[Félix] Thunder
雷か

[Pepa] You’re telling the story or am I?
あなたが話しているのですか?私が話しているのですか?

[Félix] I’m sorry, mi vida, go on
すまない、ミビダ、続けてくれ。

[Isabela] Like the grapes that thrive on the vine, on the vine
つるに生える葡萄のように

[Dolores] Always left Abuela and the family fumbling
家族はいつも手探りだった

Grappling with prophecies they couldn’t understand
理解できない予言と格闘する

Do you understand?
わかるかい?

[Abuela] Oye, Mariano’s on his way
マリアーノが来るわ

[Pepa] Bruno says, “It looks like rain”
ブルーノが「雨が降っているようだ」と言った。

[Félix] Why did he tell us?
なぜ彼は我々に言ったの?

[Camilo] Seven-foot frame, rats along his back
身長1メートルで、背中にネズミがいる。

[Isabela] He told me that the life of my dreams would be promised and someday be mine
夢のような生活が約束され、いつかは私のものになると言った。

[Dolores] He told me that the man of my dreams would be just out of reach
夢の男は手の届かないところにいると言った

[Pepa] In doing so, he floods my brain
そうすることで、彼は私の脳を溢れさせている。

[Félix] Abuela gets the umbrella
アブエラは傘を手に入れる

[Camilo] When he calls your name it all fades to black
彼があなたの名前を呼ぶとき すべてが闇に包まれる

[Dolores] Betrothed to another, another
婚約しているのは別の人

[Pepa] Married in a hurricane
ハリケーンの中の結婚

[Félix] What a gorgeous day
なんて素敵な日なんだ

[Dolores] And I’m fine, and I’m fine, and I’m fine, I’m fine
元気だよ

[All] He’s here
彼はここにいるよ

[Chorus: All & Mirabel]
We don’t talk about Bruno, no, no, no
ブルーノの話はしない、しない、しない

We don’t talk about Bruno (Hey)
ブルーノの話はしない(おい)

タイトルとURLをコピーしました