Ice Spice – Think U The Shit (Fart)歌詞和訳(意味考察・解説)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ice Spice – Think U The Shit (Fart) 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

Ice Spice – Think U The Shit (Fart) 歌詞和訳

[イントロ]
What the f※ck I’ma say in the intro?
イントロで何を言おうかな?

Hahaha


You want me to say somethin’ so bad

何か言ってほしいんでしょ?

(Stop playin’ with ‘em, Riot)

(もう遊びは終わりだ、ライオット)
(RIOTUSA Ephrem Lopez(通称RIOT)はアメリカのプロデューサー、ラッパー。アイス・スパイスの長年の友人であり、コラボレーターであり、プロデューサーでもある)

Can you, please?

お願いだから


[サビ]
Think you the shit, bitch?
自分がすごいと思ってるの?

You not even the fart (Grrah)

あんたなんて屁以下の存在(グラー)

I be goin’ hard (Grrah)

私は本気でやってるの

I’m breakin’ they hearts, like

奴らの心を次々と折ってる

Bitches be quick, but I’m quicker (Like)

女たちは素早いけど、私はもっと素早い(そう)

Bitches be thick, but I’m thicker (Like)

女たちは魅力的だけど、私はもっと魅力的(そう)

She could be rich, but I’m richer (Damn)

あの子は金持ちかもしれないけど、私はもっと金持ち(うん)

スポンサーリンク

[Aメロ1]
Take-takin’ her man (Takin’ her man)
彼女の男を奪って(彼女の男を奪って)

Don’t give a f※ck (Don’t give a f※ck)

何も気にしない(何も気にしない)

Out in the Yams (Out in the Yams)
ヤムスに出かけて(ヤムスに出かけて)
(ヤムスとはマイアミのスラング。地元の人にはヤムスと言われている)

And I’m keepin’ one tucked (Keepin’ one tucked)

常に用心してる(常に用心してる)

I make me some jams (I make me some jams)

私はヒット曲を作るの(私はヒット曲を作るの)

Unlock that advance (Unlock that advance)

私の才能に見合った報酬をだしな

I said four hundred bands (I said four hundred bands)

まずは4億ぐらい積みなよ

Just to do my lil’ dance (Grrah)

この小さなダンスのためにね(グラー)

Bitch, I’m a brand (Like)

私はブランドなの(そう)

Bitch, I’m a baddie, I get what I want (Damn)

私は美人で、欲しいものは手に入れる(うん)

All in Balenci’, I look like a bum

バレンシアガで着飾って、まるでそのブランドに熱中してやまない人のよう
(bum 通常は浮浪者を指すが、ここでは特定の活動に夢中になる人を指す俗語)

I got the jatty, he just wanna hump (Hump)

彼は私に夢中、ただ抱きたいだけ(抱きたい)
(Jatty – スラングで、魅力的な男性を指す言葉。)

Walk through and start shakin’ my hips

部屋に入ると、自信満々に腰を動かし始める

I’ma dip when I stack all my chips (Like)

目標を達成し利益を得たら、すぐに次の場所へ移る

Strip a dummy, I want the whole ‘fit

他人から何でも引き出して、私の欲しいものは全て手に入れるわ
(Dummy – ここでは「バカ」や「愚か者」という意味で使われており、他の人を軽蔑する際に使われるスラング。)

I got a French ni※ga sendin’ me tips, grrah

世界中から注目を集め、フランス人の男性からさえアドバイスや援助を受けてるのよ


[サビ]
Think you the shit, bitch?
自分がすごいと思ってるの?

You not even the fart (Grrah)

あんたなんて屁以下の存在(グラー)

I be goin’ hard (Grrah)

私は本気でやってるの

I’m breakin’ they hearts, like

奴らの心を次々と折ってる

Bitches be quick, but I’m quicker (Like)

女たちは素早いけど、私はもっと素早い(そう)

Bitches be thick, but I’m thicker (Like)

女たちは魅力的だけど、私はもっと魅力的(そう)

She could be rich, but I’m richer (Damn)

あの子は金持ちかもしれないけど、私はもっと金持ち(うん)

スポンサーリンク

[Aメロ2]
His bitch at home playin’ dress-up (Huh?)
彼の女が家で着替え遊びをしてるの?(えっ?)
(Dress-up – 「着飾る」や「仮装する」という意味。通常は楽しむために特別な服を着ることを指します。)

She must’ve thought she could catch up (Grrah)

追いつけるとでも思ったのかしら(グラー)
(Catch up – 「追いつく」や「追いかける」という意味。他人のレベルや状況に追いつこうと努力することを表します。)

I got my foot on they necks, I can’t let up (Grrah)

私は彼らの首に足をかけてる、手加減なし
(Let up – 「手を緩める」や「やめる」という意味。ここでは圧倒的な支配や努力を続ける意志を示しています。)

She all on the floor, told her get up (Get up)

彼女は力なく床に倒れていたわ。さあ、立ちなさいって言ってあげたの

She my son, but I ain’t her mammy (I ain’t her mammy)

彼女は私の子供みたいだけど、私はお母さんじゃない

Bitches can’t stand me (Bitches can’t stand me)

女たちは私が嫌い

Eat through my panties (Eat through my panties)

私のパンティを食い破るの

Hard knock life, no Annie
厳しい人生、アニーじゃないわ
(「ハード・ノック・ライフ」は、1977年にブロードウェイで初演されたミュージカル「アニー」の劇中歌。作曲はチャールズ・ストラウス、作詞はマーティン・チャーニン。ハード・ノック・ライフ」は、登場人物のアニーと、彼女が暮らす孤児院の孤児たちによって歌われる。)

I need a vacay, I’m losin’ my tan (Damn)

休暇が必要、日焼けが薄れてる

I’d lose anything before my man

愛する彼を守るためなら、他のどんなものも失う覚悟があるわ

I’m a pretty bitch, I don’t like fightin’

私は美人、喧嘩なんてしたくない

On the beat, I’m goin’ Super Saiyan (Grrah)

このビートで、私は超サイヤ人になるわ

I said, “Mirror, mirror, who the fairest?” (Huh?)
「鏡よ鏡、一番美しいのは誰?」ってね(えっ?)
(ドイツの童話 “白雪姫(と七人の小人たち)”で、悪の女王が言う。悪の女王が言う。”鏡よ、壁の鏡よ、最も美しいのは誰か?”)

Leave a bum nigga lookin’ embarrassed (Like)

ダメな男を恥ずかしくさせちゃう(そう)

Spent a hundred-fifty on some carats (Grrah)

豪華な宝石に1億5千万円も使ってしまったの

That shit cray like them ni※gas in Paris
それはまるでパリのあいつらみたいにクレイジーね
(カニエ・ウェストとジェイ・Zの共作”N****s in Paris”のサビで歌われていることについて言及している)
(Cray – 「クレイジー」(crazy)の略語で、非常に異常またはエキサイティングな状況を指す。)


[サビ]
Think you the shit, bitch?
自分がすごいと思ってるの?

You not even the fart (Grrah)

あんたなんて屁以下の存在(グラー)

I be goin’ hard (Grrah)

私は本気でやってるの

I’m breakin’ they hearts, like

奴らの心を次々と折ってる

Bitches be quick, but I’m quicker (Like)

女たちは素早いけど、私はもっと素早い(そう)

Bitches be thick, but I’m thicker (Like)

女たちは魅力的だけど、私はもっと魅力的(そう)

She could be rich, but I’m richer (Damn)

あの子は金持ちかもしれないけど、私はもっと金持ち(うん)

スポンサーリンク

Ice Spice – Think U The Shit (Fart) 意味考察・解説

アメリカ、NY州出身のラッパー、Ice Spice(アイス・スパイス)の新曲、Think U The Shit (Fart)(シンク・ユー・ザ・シット)の歌詞和訳&意味考察・解説。

Ice Spice(アイス・スパイス)の新曲、Think U The Shit (Fart)(シンク・ユー・ザ・シット)の歌詞は、自信と優越感、ライバルに対する支配的な態度を探求しています。歌手は自分自身の魅力、豊かさ、そして他者より優れているという信念を強調しています。彼女は自分の美しさ、スタイル、お金に対する自信を示し、特にライバルや敵対者に対して強く立ち向かっています。

主なテーマとポイント:
  • 自信と支配性: 歌詞を通じて、歌手は自己のスタイル、魅力、そしてライバルに対する支配的な態度を繰り返し表現しています。彼女は自分が他者より優れていると確信しており、それを周囲に示しています。
  • 豊かさとライフスタイル: 高級ブランド「バレンシアガ」の言及や、宝石(カラット)に多額のお金を使うことなど、彼女の豊かなライフスタイルが強調されています。
  • 競争とライバルへの対応: 歌手は他の女性(特にライバル)を意識しており、彼女らに対して一歩も譲らない姿勢を見せています。これは、彼女が競争において強い存在感を持っていることを示唆しています。
結論

この歌詞は、歌手の自信、優越感、そして他者に対する支配的な態度を表現しています。彼女は自分の魅力と力に自信を持ち、競争的な状況においても自分の地位を堅持することを強調しています。また、高級なライフスタイルと物質的な豊かさも重要なテーマとなっています。全体として、歌詞は自己愛と自己主張の強さを反映していると言えるでしょう。

スポンサーリンク

Ice Spiceの違う曲の歌詞和訳

《歌詞和訳》Barbie World, Nicki Minaj & Ice Spice(アイス・スパイス&ニッキー・ミナージュ)

《歌詞和訳》Princess Diana, Ice Spice & Nicki Minaj(アイス・スパイス&ニッキー・ミナージュ)

Ice Spice – Think U The Shit (Fart) サムネ画像

Ice Spice image

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました