スポンサーリンク

《歌詞和訳》Wellerman, Nathan Evans(ネイサン・エヴァンズ, ウェラーマン)

Wellerman画像2, ヨーロッパ出身アーティスト

イギリス、スコットランド出身のシーシャンティ歌手、Nathan Evans(ネイサン・エヴァンズ)の楽曲、Wellerman(ウェラーマン)の和訳。
昨年、Tik Tokで、バズった曲ですが、最近この曲が頭から離れてくれないので、それなら逆に寄り添ってみようってことでこのタイミングで和訳w

歌詞の中にでてくる大事な表現方法やネイティブがよく使う便利な単語はマーカーで色付けして最後にボキャブラリーで紹介していますので、よければそちらも併せて確認してください✨
記事に関することや、和訳のこと、その他、感想などもしございましたら気軽にコメントしてください。

Twitterに毎日記事更新投稿してます、よかったらフォローしてね!→@服部サイコロTwitter

Wellerman by Nathan Evans

[Verse 1]
There once was a ship that put to sea
昔、海に出た船があった

The name of the ship was the Billy of Tea
船の名は「ビリー・オブ・ティー」

The winds blew up, her bow dipped down
風は吹き上げ、船首は沈んだ

O blow, my bully boys, blow (Huh!)
さぁ吹いてみろよ、俺のいじめっ子ども、吹けよ

[Chorus]
Soon may the Wellerman come
すぐにウェラーマンが来る

To bring us sugar and tea and rum
砂糖と紅茶とラム酒を届けに

One day, when the tonguin’ is done
いつか、この仕事が終わった時

We’ll take our leave and go
俺たちは旅立つんだ

[Verse 2]
She’d not been two weeks from shore
沖に出て2週間経ってないのに

When down on her, a right whale bore
マッコウクジラが襲ってきた

The captain called all hands and swore
船長は総員を集め、誓った

He’d take that whale in tow (Huh!)
必ずあのクジラを仕留めると

[Chorus]
Soon may the Wellerman come
すぐにウェラーマンが来る

To bring us sugar and tea and rum
砂糖と紅茶とラム酒を届けに

One day, when the tonguin’ is done
いつか、この仕事が終わった時

We’ll take our leave and go
俺たちは旅立つんだ

[Verse 3]
Before the boat had hit the water
船が着水する前に

The whale’s tail came up and caught her
クジラの尻尾が船(彼女)を襲った

All hands to the side, harpooned and fought her
船員総動員でモリを持ち戦ったのさ

When she dived down low (Huh!)
そうしたらクジラ(彼女)は深海へ潜ったんだ

[Chorus]
Soon may the Wellerman come
すぐにウェラーマンが来る

To bring us sugar and tea and rum
砂糖と紅茶とラム酒を届けに

One day, when the tonguin’ is done
いつか、この仕事が終わった時

We’ll take our leave and go
俺たちは旅立つんだ

[Verse 4]
No line was cut, no whale was freed
ラインはまだ繋がっていて、クジラはまだ捕まったまま

The Captain’s mind was not of greed
船長の心にはがなかった

And he belonged to the whaleman’s creed
彼は欲ではなく、ウェラーマン(捕鯨者)の信条に従っていたんだ

She took that ship in tow (Huh!)
彼女(クジラ)は船を引っ張っている

[Chorus]
Soon may the Wellerman come
すぐにウェラーマンが来る

To bring us sugar and tea and rum
砂糖と紅茶とラム酒を届けに

One day, when the tonguin’ is done
いつか、この仕事が終わった時

We’ll take our leave and go
俺たちは旅立つんだ

[Verse 5]
For forty days, or even more
40日間、もっと長いかもしれない

The line went slack, then tight once more
紐はゆるみ、また引き締まった

All boats were lost, there were only four
すべてのボートを失い、4隻になったが

But still that whale did go (Huh!)
それでもクジラは行ってしまった

[Chorus]
Soon may the Wellerman come
すぐにウェラーマンが来る

To bring us sugar and tea and rum
砂糖と紅茶とラム酒を届けに

One day, when the tonguin’ is done
いつか、この仕事が終わった時

We’ll take our leave and go
俺たちは旅立つんだ

[Verse 6]
As far as I’ve heard, the fight’s still on
俺が聞いた限りでは、戦いはまだ続いている

The line’s not cut and the whale’s not gone
紐はまだ切られていないし、クジラもまだいる

The Wellerman makes his regular call
ウェラーマンは号令をかける

To encourage the Captain, crew, and all (Huh!)
船長、乗組員、全員にカツを入れるために

[Chorus]
Soon may the Wellerman come
すぐにウェラーマンが来る

To bring us sugar and tea and rum
砂糖と紅茶とラム酒を届けに

One day, when the tonguin’ is done
いつか、この仕事が終わった時

We’ll take our leave and go
俺たちは旅立つんだ


【ボキャブラリー】
シーシャンティとは労働歌の一種。かつて大きな貿易帆船の甲板で作業に従事する際に、伴奏としてよく歌われていた。

Wellerman ニュージーランドとオーストラリアで財を成した捕鯨・貿易会社の一つであるウェラー・ブラザーズ社の人物のことでこの船の雇い主

コメント

タイトルとURLをコピーしました