ヨルシカ – 晴る 歌詞(意味考察・解説)『葬送のフリーレン』オープニングテーマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヨルシカ – 晴る 音源


全ての記事はリンクフリーです。ぜひ当ページのURL貼り付けて紹介してください。
今後の更新もお見逃しないよう、X(Twitter)フォローはお忘れなく😊✨

ヨルシカ – 晴る 意味考察・解説

コンポーザーのn-bunaと、ボーカルのsuisによる日本の男女2人組のロックバンド、ヨルシカの新曲、晴るの歌詞&意味考察・解説。
ヨルシカの新曲“晴る”は、2024年1月5日(金)から第2クールの放送がスタートするテレビアニメ『葬送のフリーレン』のオープニングテーマに決定している。

歌詞の内容は、季節の変化と感情の移ろいを繊細に描いたものです。歌詞全体を通して、風、雲、雨、晴れなど自然の象徴が使われています。これらの自然現象は、歌詞中の「貴方」と呼ばれる人物の内面の感情や心情を表現しているようです。初めの部分では、夕暮れ時に目を閉じる様子が描かれ、静かな感慨や思索を思わせます。その後、晴れや雨といった天気の変化が、喜びや悲しみ、希望や失望などの感情の波を象徴しているかのようです。
 特に、「貴方の目はビイドロ」という表現は、その人の目がクリアで深い感情を映し出している様子を示しています。この部分は、相手の感情の深さや複雑さを感じ取ることを暗示しているかもしれません。また、自然現象を通じて「晴れ」や「雨」が人の心情や状況に影響を与える様子が繰り返し描かれています。
 「通り雨 草を靡かせ 羊雲 あれも春のせい」という部分では、一過性の雨や春の訪れを感じさせる自然の様子が、一時的な感情や変化を象徴しているようです。最終的に、晴れや花が咲くことで、希望や新しい始まりを感じさせるポジティブな終わりを迎えています。全体を通して、この歌詞は自然の変化と人間の感情の密接な関係を描き出し、詩的で情感豊かなイメージを読者に提供しています。

スポンサーリンク

ヨルシカ – 晴る 歌詞

貴方は風のように

目を閉じては夕暮れ


何を思っているんだろうか


目蓋まぶたを開いていた

貴方の目はビイドロ


少しだけ
るの匂いがした


晴れに晴れ、花よ咲け

咲いて晴るのせい


降りやめば雨でさえ


貴方を飾る晴る


胸を打つ音よ
 

僕ら晴る風


あの雲も超えてゆけ


遠くまだ遠くまで

スポンサーリンク

貴方は晴れ模様もよう

目を閉じては青色


何が悲しいのだろうか


目蓋まぶたを開いている

貴方の目にビイドロ


今少し雨の匂いがした


泣きに泣け、空よ泣け

泣いて雨のせい


降り
しきる雨でさえ

雲の上では晴る


土を打つ音よ


僕ら春荒れ


あの海も越えてゆく


遠くまだ遠くまで


通り雨 草をなびかせ

羊雲 あれも春のせい


風のよう 胸に春乗せ


晴るを待つ


晴れに晴れ、空よ裂け

裂いて春のせい


降り止めば雨でさえ


貴方を飾る晴る


胸を打つ音奏で


僕ら春風


音に聞く晴るの風


さぁこの歌よ凪げ!


晴れに晴れ、花よ咲け


咲いて春のせい


あの雲も越えてゆけ


遠くまだ遠くまで

ヨルシカの違う曲の歌詞

《歌詞和訳》月光浴, ヨルシカ(ふりがな付き)

ヨルシカ – 晴る サムネ画像

ヨルシカ 晴る 画像

コメント

error:申し訳ございません、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました